アルタイの乳酸菌Q&A

 
原材料にある「デキストリン」とは、食品添加物なのですか?
 

原材料にある「デキストリン」とは、食品添加物なのですか?


「デキストリン」とは、トウモロコシ由来のデンプンのことです。
乳酸菌の製造過程で、培養した乳酸菌を含んだ液体を、粉末にするために使用されています。
培養した乳酸菌を含んだ液体に「デキストリン」を混ぜて常温減圧乾燥することにより、粉末状の眠った状態の乳酸菌となります。
腸内にたどり着いたときに、一気に活性化して増殖を開始し、大量の善玉菌となります。