アルタイのNS乳酸菌体験談

 
【医者もびっくり? 腫瘍が小さくなった!】 岡田 哲明さん
 
0248041693 兵庫 岡田 哲明さん

2010年から朝と夜に2〜3粒飲んでいます。
2年前の午前9時ころに、左の鼻から血と膿がでて1日中止まりませんでした。
その量は、すごいというほかありませんでした。
翌日、市民病院でCT・MRI・血液検査などをしてもらいました。
でも、「原因はわからない」とのことでした。
1週間後に、細胞を取り検査したところ、悪性でも良性でもない中間の腫瘍ができているとのことでした。
医者は、「そのまま放置していても、小さくなったりなくなることは絶対にないから、できることなら手術で取ったほうがよい」と言われました。
しかし、体にメスを入れることは拒否しました。
医者からは、「大きくなったり転移しても、責任は持ちません」と念押しされました。
不安を抱きながら、半年に1回定期検診をすることにしました。
そうしたら、今回7月15日の4回目の定期検診のことです!
内視鏡で画像を見ながら、医者が首をかしげて一言「腫瘍が小さくなっている・・・」
いままでは、内視鏡検査でも変化はなかったと思います。
でも今回の画像では、明らかに小さくなっていました。
びっくり!
うれしくて胸が熱くなりました。
毎日、アルタイのNS乳酸菌を飲んでいたおかげだと思っています。
アルタイのNS乳酸菌は、本当に素晴らしいものだと思いました。
これからは、自分の体験を多くの人に伝えていきます。