アルタイのNS乳酸菌体験談

 
【糖尿病が完治。医者も認めるアルタイのNS乳酸菌】 佐久間 多美子さん
 
0248041789 大分県 佐久間 多美子さん(女性・60代)

私の主人、いま74歳ですけれども、70歳のときでしたか、お医者さんに行きましたら、糖尿病だと言われたんです。
ショックでした。これは私が原因だ。私が食事をちゃんとしなかったから、これだけ健康な主人が糖尿病になったんだ。風邪薬も飲まなかった主人が、たくさん薬を持って帰ってきて、ショックでたまらなかった。
ちょうど、金先生の「アルタイのNS乳酸菌」が出たころで、糖尿病にとてもいいと聞いていたんですね。で、私は、主人から叩かれてもいい、どんなふうに言われてもいい、こんな薬なんか絶対よくない。薬をゴミ箱に捨てました。私は、この乳酸菌に賭けたんです。主人は、「これ、どこの?」って疑わしそうに聞くんですね。でも、薬は捨てられてるんで、しょうがないから、半信半疑で飲んでいました。

で、3か月めの健診に、私もついていきました。
すると、先生が「佐久間さん、運動か何かしていますか。なかなか数値がいいですね」と言うんです。
ほとんど運動していませんから、あっ、これは「アルタイのNS乳酸菌」だと思いながらも、「運動のせいで、そこそこなんです」って応えました。「この調子でがんばってくださいね。またお薬を出しますからね」「主人はいい加減な人で、あんまり薬飲んでないんで、まだいっぱいあるんです」「そうなの? じゃあ、何か飲んでますか」「乳酸菌を飲んでます」「ああ、乳酸菌は身体にいいからな。じゃあ、なくなったら取りに来てください」。それで終わったんです。

そのうちに、糖尿病のことはもう忘れてしまいました。
ところが、おととし直腸ガンになって、悪性だったんで、手術しないといけない。
糖尿病だと、なかなか手術できないそうなんです。出血を伴うとかいうことで。
それで、検査しました。まったく異常がない。糖尿病は、完全によくなっているんです。

※上記は、お客さま個人の感想であり、使用感には個人差があります。