内モンゴルとの絆

 
金鋒博士との親交
 
金鋒博士との親交
「アルタイのNS乳酸菌」を扱うようになってから、内モンゴルツアーでは、時間の許す限り、北京の中国科学院にある金鋒博士の研究室を訪ねています。
ツアー一行のバスが中国科学院の門をくぐると、金鋒博士は、いつも、温和な笑顔で私たちを快く迎えてくれます。
研究室を案内していただくとともに、新しい研究の成果などについてもレクチャーしてくれます。
医学会で話題になっている難しい話しもありますが、NS乳酸菌を使ったわかりやすい症例についてもお話ししてくれます。
「数年前に相談を受けた方は、こんな病気で悩んでいたのですが、NS乳酸菌をすすめたところ、すっかりよくなったと、遠路はるばるこの研究室に来ていただき感謝の言葉をいただきました」といった話しもありました。
金鋒博士の講演は、日本でも人気があり、聴講希望者には、医師や研究者などの専門職の方々も多いようです。
そして参加した方々は、ほとんどの方が講演後の懇親会に出席するそうです。それは、金鋒博士と、直接、話しがしたいからだと聞きました。
私たちは、何回も金鋒博士に記念講演をしていただいています。
そして、金鋒博士と親友のように交流しています。
それは、長年、内モンゴルで緑化支援活動を続けていること、そして、私たちは商品を売るだけではなく、人と人との絆を大切にしているということを、金鋒博士にもわかっていただけているからなのです。