内モンゴルとの絆

 
「赤い食べもの」と「白い食べもの」
 
「赤い食べもの」と「白い食べもの」
モンゴル料理では、「赤い食べもの」と「白い食べもの」があると言われています。「赤い食べもの」は肉を使ったもの、「白い食べもの」は乳製品です。
肉は羊肉が中心で、茹でたり、蒸したり、焼いたりして調理します。
ツアーでは最近、日本人の口に合うものを出していただいているので、あまり見なくなりましたが、かつては、よく羊の骨付き肉の塩茹でがテーブルに並んでいました。
初日は珍しさもあり、いいのですが、連日、この塩茹でが食卓に並ぶと、食傷気味になってしまいました。
歓迎の意味があると言われているのが羊の丸焼です。
おいしいのですが、羊の姿をしているので、これもちょっと怖い感じがしてしまいます。
余談ですが、羊肉の焼肉、ジンギスカン鍋というと、モンゴルの料理がもとになっているように聞こえますが、実際には、モンゴルでこのような鍋も料理もありません。
モンゴル兵士が兜で羊肉を焼いたのが起源だという俗説があるようですが、これもどうやら本当ではないようです。
そのかわり、とてもおいしいのが火鍋です。火鍋自体は中国のいろんなところでいただけますし、最近は日本にも中国の火鍋を出す料理店があるようです。
「赤い食べもの」で、いまだにどうしても口にできないものに、「血のソーセージ」というものがあります。
羊の血を、そば粉や小麦粉、調味料などと混ぜ、腸に詰め、茹でたり焼いたりしたのが「血のソーセージ」です。
赤というよりは黒く、クセも強いのですが、人によっては「珍味」だと言っておいしそうにいただいているのですが、私は、いまだにどうしてもいただくことができません。
もしモンゴルに行く機会のある方は、ぜひ、試してみてください。