株式会社サティス製薬/国産の天然素材を使用した、安全で安心できる化粧品を提供するのがモットー。

サティスSTORY

0件(0-0件表示)
髪、すこやかに「Scalpシリーズ」
株式会社サティス製薬 代表取締役 山ア智士さんに聞く
サティスSTORY
頭皮レベルからケアして、すこやかに輝く美しい髪をキープする。これまでにない発想で開発された「Scalpシリーズ」。そのコンセプトについて、株式会社サティス製薬代表取締役、山崎智士さんにお話しをお伺いしてきました。
40代からの頭皮ケア
40代からの頭皮ケア
ある化粧品会社が行なったアンケートによると、女性でも、20歳代、30歳代では少なかった「髪にハリ・コシがない」という頭髪の悩みが、40歳代になると明らかに増加しているという結果がありました。このぐらいの年齢から、加齢が原因で、頭皮や毛髪に変化が出てくるということです。
「40歳代は、頭皮・頭髪の曲がり角」ととらえることができるでしょう。
まず、頭皮。年とともに、硬くなったり、動きにくくなったりするという話しがあります。もちろん頭皮も皮ふの一部ですから、顔や手の皮ふ同様、コラーゲンやエラスチンが減少します。頭皮が硬くなる、動かなくなるという原因は、ここにあります。
毛髪に感じる変化については、加齢に伴って、頭皮からの成分補給が少なくなるので、ハリ・コシがなくなる。また、加齢とともに、ボリューム感が気になってくると。
このような頭皮・毛髪の変化が40歳代で顕著にあらわれるんですが、これらはケアすることができるものです。
最初に「洗う」。2番目に「与える」。3番目に「潤す」。
「洗う」というのは頭皮を洗うということですね。
「与える」は、毛髪をケアする。
「潤す」というのは、頭皮をケアするエッセンスです。
それが「Scalpシリーズ」です。

「洗う」石けんタイプシャンプーを開発
「洗う」石けんタイプシャンプーを開発
髪の毛についている汚れと、毛穴や頭皮についている汚れ。どちらも大きな分類としては脂肪なんですけれども、細かく見ていくとタイプが違う。したがって、洗い方が違う。
頭皮。皮ふのほうは、石けんで洗うのがいい。それでは頭髪のほうはどうかと言うと、何でもいいんです。ただひとつ、石けんを除いては。頭髪は石けんのアルカリ成分が苦手。ここが話しをややこしくするところなのです。
話しは変わりますが、なかなか皆さん頭皮をよく見る機会はないと思います。私のように短髪だと、頭皮はある程度見えていますから洗いやすい。私は、基本的に、石けんで頭を洗っています。頭皮にとってはベストなケアが行われているのですが、それでも1か月ぐらいして、研究室のマイクロスコープ、拡大鏡で見ると、毛穴が詰まっているのがわかります。
私のような髪型で、頭皮ケアにふさわしい石けんで毎日洗って、洗い方もそれなりに心得ているつもりでやっていても1か月で詰まってしまう。それぐらい毛穴というのは、洗うのがむづかしい箇所なのです。
ですから、それが通常のシャンプーを使って、10歳代、20歳代と続いて、次第に頭皮環境が汚れていき、40歳代ぐらいを契機に一気に変わってくる。更年期に向かってホルモンバランスも変わる。
頭皮環境に汚れが蓄積すると、脂っぽくなって、いやなニオイがする、フケが出る、ということにもなってしまいます。
頭皮環境をいかに一定に維持するか。このシャンプーは、きちんと「洗う」ことが重要なポイントになってくるわけです。
石けんを使って洗うのは、頭皮にはやさしい。けれども、髪の毛がバキバキになってしまう。
洗うべき頭皮と守っている頭髪の汚れが違う。まったく逆なものを求められているむづかしさ。それをクリアしたのが、私たちが開発した石けんシャンプーです。
髪の毛がいやがることを防いで、皮ふにもやさしいというのがポイントです。

髪の毛にうるおいを「与える」
髪の毛にうるおいを「与える」
髪の長い方はお気づきだと思うのですが、毛髪がダメージを受けると、パサパサになったり、ツヤがなくなったりする。そんなときに濡れた状態になると、毛髪は、水と、より仲良くなってしまいます。親水性という言葉を使うのですが、毛髪から水がどんどん流出しやすくなってしまう。
これを防がないといけない。それで、油を塗る。パサつき用の油とか椿油ですね。
しかし、親水性になっている毛髪に油を自己流で塗っているだけでは、水は流出してしまいます。
その理由は、ご存じのように、水と油はすごく仲が悪い。水のなかに油を入れても浮いてしまう。それと同じことが髪の毛でも起こる。油をつけるだけでは、親水性になっている髪の毛と油は、相変わらず分離してしまい、解決しないということです。
そこで着目したのが、毛髪が持っている性質です。毛髪の表面はマイナスイオンを帯びています。それならば、プラスイオンを持っている植物性のコーティング剤で覆ってあげれば、油が塗りやすい状態になる。
これが、ダメージをケアする2ステップ目の、「与える」っていうところになります。

乾燥しがちな頭皮を「潤す」
乾燥しがちな頭皮を「潤す」
頭皮というのは、あまりケアしないと思うのですが、実は、すごく乾燥しています。顔と一緒。顔については、皆さん、化粧水をつけたり、乳液をつけたりしますよね。そうするとモッチリする。
頭皮も洗いっぱなしでは、皮脂を除去したりするので、脂が出やすい、水分が飛びやすい状態になっている。それを防いで、コラーゲンやエラスチンをあげる。そうして、硬くなったり、動かなくなった頭皮をケアしようというのが、3つ目の「潤す」ということなんです。
私たちの身体というのは、一生涯、成長を繰り返しています。髪の毛も成長しています。皮ふも成長している。ただ皮ふの場合は、成長していると言っても、古いものがどんどん代謝で外されていきますから、大きくなるというより、新鮮さを保つっていう成長です。
人はそうやって新陳代謝をしています。成長するときには、必ず、成分補給を必要とします。たんぱく質なのですが、年々減少していきます。
たとえば、私が10代の頃、すくすくと成長していた時期には、100個の成分を使って、身体が成長していたという輝かしい時期があった。それがいまは、50個ぐらいしかない。それは、もう身体自体、たとえば骨格とか、成長させる必要がないという身体の判断とか、いろいろものが働いて50個ぐらいになっているわけです。
これがエイジングだという、エイジング説として、現在、非常に有力です。
50個に減少した成分を100個にというのは少しナンセンスなのですが、30代だったらこのぐらいとか、本来はこのぐらいあったらいいだろうという適量がわかれば、そして、現状とのギャップを見て補充してしていけば、というエイジングケア説が、アメリカを中心に流行していて、実際にそれを与えることで、40代の方が……という実例もある。
これでエイジングケアできるかというと、ここにも落とし穴があって、たしかに40歳代の方が……という例もあるですが、100人が100人、みんながそうなるかというと、そうはならない。
たんぱく質というのは、私たちの身体のなかで、受け入れられるかどうか、テストみたいなものがあって、これをクリアしないと効果が発揮できない。このテストが何かというと、髪の場合は頭皮が、それを行なっているのです。
話しを整理すると、減少していく成分補給は、エイジングのアプローチとして、きわめて優秀である。しかしながら、たんぱく質なので、受け入れられない場合もあるということです。
そこで今回私たちが提案しているのが、与えるだけでなく、頭皮にしっかりと馴染むように刺激を与えましょう、という考え方です。
年齢肌、エイジング肌にとっては、成分が不足している。必要としている。だからしっかり与えてバックアップしようというのが、このサードステップ、頭皮用エッセンスの考え方なんです。

デイリーケアで頭髪環境を整えましょう
デイリーケアで頭髪環境を整えましょう
頭皮は、なかなか目で見ることができません。健康なのか、不健康なのか、その判断もラフになりがちです。
毛穴が多く、顔に比べると脂の分泌も多くて、そういう意味では保護作用もありますが、反面、汚れが取りにくい。さらに、でこぼこしている。毛髪が長い方、短い方、本数や太さ、長さ、髪質、人それぞれ。とても複雑で、コントロールしにくい部分です。
また、脱毛とか新陳代謝の遅れなどを、これを育毛剤とかインパクトのあるもので一度にできますかというと、それはなかなか無理なのです。
どうしたらいいか。
これは、恒常性という私たちの身体が持っているバランスを保とうとする力が関わってきます。
ヘアサイクルという、皮ふが新陳代謝を繰り返すように、髪の毛も、5年、6年、7年というサイクルで、成長期、休止期、脱毛期など4つのステージで回っています。この4つのステージで、どこか1つのステージが省かれてしまうとか、1つのステージを繰り返してしまうとか、バランスに意識を向けることが必要です。
そういう意味でもデイリーケアが重要です。結果が出るのも1か月とか2か月とか、そういう短いスパンではなく、数年という長いスパンで理想的な頭髪環境を整えていくことが何よりも大切です。
また、バランスが崩れてから始めればいいかというとそういうことではありません。今日からでも始めたい、そういうことだと思っています。

肌を、髪を、イキイキさせたい「ピュアシリーズ」誕生秘話
株式会社サティス製薬 代表取締役 山ア智士さんに聞く
<ゲル>の技術をベースに国産原料にこだわり、肌にやさしいエイジングケアアイテム「ピュアシリーズ」を開発した、株式会社サティス製薬代表取締役、山ア智士さんにお話しをお伺いしてきました。
素材の力をよりよく引き出すために
素材の力をよりよく引き出すために
サティス製薬というと、〈ゲル〉の技術ばかり注目されるんですが、私たちのスタンスは素材主義。昔から変わらないんです。〈ゲル〉も、もともとは「素材を活かす」という発想から磨いてきた技術です。
「どういう素材でどういうものを作るか」というのは、商品設計の当たり前のセオリーとしてあります。
まず、原料カタログのようなものがあって、われわれ技術者が何を使おうか、そこからピックアップして、処方して、製品を作っていく。これが、商品開発の、ざっとした流れです。
けれども、そこには載っていない素材を使ったらどうなるか。
そういう好奇心は、誰もが持っているはずです。でも、これは一技術者が判断することではなく、会社が判断していかなければならないことです。
そこを、われわれの会社は、僕が判断して舵を切ってきたので、すでにある素材からのものづくりということだけではなく、「何を作ったらいいのか」ということを起点にして、結果的にどういう素材が必要なんだというところまで追求していくというスタンスを貫いてくることができたわけです。
ですから〈ゲル〉の技術も、〈ゲル〉自体がほしくて目指したということではない。やりたいことがあって、〈ゲル〉の技術に行きついたということなんですね。
たとえば、トリートメントしようとします。まず、水分と油分が絶対に必要になります。水と油を混ぜなければならない。しかしながら水と油は、そのままでは混ざり合いません。水と油が混ざることを、乳化と言いますが、乳化するための何らかの乳化剤や方法、科学の力が、必要になってきます。
けれど僕は、そうはしたくない。主役の素材にこだわりたい。
そこで〈ゲル〉の技術が必要になった。そういうことなんです。

<ゲル>の技術
<ゲル>の技術
皮ふ、その表面部分、表皮にある角質は、水と油が混ざらないことが前提の構造になっています。水をはじきますよね。そこを過度にお手入れすると、角質が対応できなくなる。そうすると、一定の品質を保てなくなってくる。美容用語で言う、年齢肌がそうです。
年齢肌と言うと、自然の流れのように受け止められますけれども、僕は、単に年齢だけが原因ではないと思っています。
本来、角質というのは、1か月で新品に変わります。こんなに早い代謝サイクルを持っている器官はほかにありません。それなのにトラブルが起きる。
これは、角質に、相当な刺激が与えられているということです。
私たちのまわりを見てみると、大気を汚染するものが数多く存在します。空気が汚れている。また、オゾン層の破壊で外的刺激が強くなっている。食品添加物など、食べ物の問題もある。生活サイクルの乱れやオーバーワークなどなど、影響を与えているであろう原因はいっぱいあります。ひとつではない。
女性がひんぱんに使っている化粧水。これも少なからず影響を与えていると思っています。皮ふに直接つけるわけですからね。
水と油をなじませようとするもので、皮ふのデリケートな角層をお手入れをすること自体に問題があるのかもしれない。それでは、皮ふを保つためにどうしたらいいのか。
水と油を一緒にするというのはスキンケアの本質なので、否定することはできません。であれば、水と油を混合させた状態にするために、私たちメーカーが、過度に手を加えないものを作ればいい。肌になじみやすいスキンケアアイテム。これが、商品開発のうえで、目標になってくるわけです。
そんな理由で〈ゲル〉の技術を磨いていくことになったんです。
「ピュアシリーズ」でも、ローションなど、水ベースで作れるものを除いて、すべて<ゲル>の技術が使われています。

原料から加工まで一貫した商品づくりができる
原料から加工まで一貫した商品づくりができる
「ピュアシリーズ」の基本は、栗渋皮です。
もともとは埼玉県から、栗の皮が大量に捨てられて困っている、なんとか再利用する道はないかというご相談をいただいたんです。そこで調べてみたら、高濃度のプロアントシアニジンが入っていた。新種の栗も栽培するという。こっちを調べてみたら、さらに含有量が多い。新種のぽろたんという栗です。
栗渋皮は、ポリフェノールを、良い状態のまま高濃度で取り出すことができました。
また、再利用するという、環境に配慮した社会性も極めて高い。
ポリフェノールの持つ、肌に対する作用というのは、女性の方々にはおなじみだと思うんですが、これまで、ポリフェノールを効率的に取り出せる植物、原料はありませんでした。
栗渋皮は、私たちが手がけてきた素材のなかでも、とくにうれしい発見です。
しかし、栗渋皮がいくらよくても、単独の素材には、どうしても弱点があります。そこで「ピュアシリーズ」では、お茶、チャ葉エキスも採用しています。
お茶を配合した化粧品はいっぱいあります。私たちのようなメーカーが原料メーカーから調達するお茶はおもに中国のもの。でも、僕は「地産地消」、国産にこだわりたかった。
そもそも中国からお茶が伝来してきたときには、サプリメントに近いかたちで入ってきているんです。私たちが現在飲んでいる嗜好品としてのお茶。これは、中国から渡ってきたお茶を改良して、口当たりがよく、栽培効率もよくと、長年、品種改良を繰り返してきました。
中国から渡ってきたときのお茶とどう違うのか、興味を持って調べました。
中国から渡ってきたものに近いお茶の木、私たちは原木と呼んでいるんですが、それを探しに探して見つけました。静岡県に数本、残っていたんです。
芽を摘ませていただいて調べたら、「これこそ求めていたお茶だ」と直感しました。
埼玉県のぽろたんの栗渋皮。静岡県の原木のチャ葉エキス。自分たちで素材を現地から調達して配合できる、原料から加工して、最終的にプロダクツ、商品にまで仕上げることができる。お茶が持っている、栗渋皮が持っている、それぞれの働き、個性を把握している。それぞれ、いいところもあれば、悪いところもある。すべてを掌握して商品化する。これは、すべてを知っているからこそできることだと思います。
これこそが私たちの強みではないかと思っています。

0件(0-0件表示)