サティス製薬の山崎社長が語った製品や技術に対するこだわりをご紹介。

サティス製薬のきらめき

242件(1-10件表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

サティス製薬のきらめき

 
なぜ栗の力がスゴイのか?
 
なぜ栗の力がスゴイのか?
実りの秋の代表的な果物である栗。
最近ではお肌に良いエイジングケア成分としても人気ですが、「栗」の驚異的な力にいち早く目をつけ、ピュアシリーズの主成分として採用したのがサティス製薬です。

あの甘くて美味しい果物のどこに、お肌への高い効果が秘められているのか??
にわかには信じがたい話ですが、実は栗の渋皮に含まれているプロアントシアニジンという成分に年齢肌をレスキューしてくれる抗酸化力がたっぷり含まれているのです。
若い時は何もしなくても美しいお肌だったのに、年齢を重ねるごとにシミ・シワ・たるみなど増えるお悩み…。
この原因は活性酸素のダメージによるお肌の酸化といわれています。
活性酸素は全てが害…というわけではありませんが、紫外線やストレス、日常的に受けるさまざまなダメージにより、必要以上に体内に溜まってしまうとお肌を酸化、つまりサビさせてしまいます。
鉄がサビてしまうと赤黒く変色し、見た目にもボロボロになってしまうように、お肌が酸化してしまうと肌印象もうす暗くなり、シワやシミ、乾燥など、肌トラブルが一気に表面化…。
が、そんな酸化ダメージからお肌を根本から立ち直らせてくれるのが抗酸化成分であるプロアントシアニジン。
抗酸化という言葉が示すように「酸化に立ち向かい、はねのけてくれる」心強い救世主。
抗酸化成分には他にも色々とありますが、プロアントシアニジンは少量でも年齢肌の悩みを一掃してくれるほど強力!
愛用者の中にはピュアシリーズは少し若めの方向け…と思っている方がいるようですが、実はボロボロになった年齢肌を本気でレスキューしたいなら、全商品にプロアントシアニジンが入ったピュアシリーズもおすすめ。

まずはトラブルを引き起こしている活性酸素を除去し、お肌を立て直すことが大切です。

 
常に先端を行くサティス
 
常に先端を行くサティス
味覚の秋!
お米も野菜も果物もお酒も、さまざまなものが実りの時期を迎えるシーズンですが、最近、「お肌にもご馳走を」的なPRで「栗」のスキンケア商品も増えているとか…。
たしかに、栗も秋の味覚の代表格!
さらに、栗の渋皮にはシミ、しわ、たるみの原因になる活性酸素を減らす「プロアントシアニジン」という強力な抗酸化成分が含まれており、究極のエイジングケア素材として密かに話題になっていましたが、実はこの「栗」をいち早くスキンケア商品に採用したのがサティス製薬です。
ドクターズコスメ、サイエンススキンケアなど、自社で研究をし、新成分や新技術を開発しているメーカーが見受けられますが、意外なことにスキンケアメーカーの大半が「他社の模倣」で商品を販売しているのが現状…。
「●●成分がスゴク売れているみたいだからうちも…」といったメーカーが多く、流行に流されやすいのがスキンケア業界なのです。
そんな中、サティスだけは「お肌の声」に耳をかたむけ、「効果が出すにはどの成分を使えばいいか?」という視点で商品開発を続けている数少ないメーカー。
いまでこそ、「栗」は効果が高いアンチエイジング成分として人気ですが、何年も前にその魅力に気付き、見出したのは他ならぬサティス製薬の山崎社長なのです。

流行や話題性に流されるのではなく、常に「お肌への効果と安全性」だけを考え続けている…。
サティスは技術や研究自慢だけのスキンケアメーカーとは全く異なる、真に先端を行く私たちの救世主なのです。
 
もっとサティス力を効かせるコツA
 
もっとサティス力を効かせるコツA
前回は、過酷な夏でも「サティス製薬の効果(サティス力)」を効かせるために、ピュアシリーズの「マイルドソープ(美容石鹸)」がよいというお話しをさせていただきました。
そこで、今回は汚れを落としながら、潤いを守る「洗顔方法」についてご紹介させていただきます。
「洗顔方法なんて知っているわ」という方も多いでしょうが、実はスキンケアの中で一番自己流になりがちといわれているのが洗顔法。
間違ったやり方を続けていると、汚れが蓄積して角質肥厚になったり、負担をかけすぎて敏感肌は肌老化の原因になってしまうこともあるので、ここで今一度、「夏におすすめの正しい洗顔法」をおさらいしておきましょう。

@ 30〜35度くらいの「ぬるま湯」で軽く顔を洗
  います。
  夏だからといって水では×!
  水だと汚れを落とし切ることができません!
  また、35度以上のお湯ではかえって皮脂を奪
  い過ぎて乾燥を招くので「ぬるいかな」と感
  じる温度が◎
A 手を石鹸などで洗った後、マイルドソープを
  泡立てます。
  たくさん泡立てたいからといってマイルドソ
  ープを使いすぎるのはNG!
  洗顔力が強すぎる泡ができてしまうので、手
  の上で3回くらいくるくるっと回し、ぬるま
  湯などで泡立てるのがちょうどいい量です。
B 泡を顔にのせ、やさしく洗う
  顔をこすって洗うのはNG!
  手がお肌に触れないよう、やさしく円を描き
  ながら洗顔をするのがGOOD。
  こすらなくても泡が顔についていれば汚れは
  落とせているので大丈夫です!
C 泡を洗い流し、タオルでふく
  泡を流すときもゴシゴシするのは×!
  タオルでふきとる際も顔にあててトントンと
  水気を拭き取る感じがベター。
  とにかく、ポイントは「必要以上にお肌に手
  をふれない! こすらない」ということ。

マイルドソープで正しい洗顔をしていただくだけで、トラブル続きの夏でもしっかりと「サティス力」を実感できるのでお試しくださいませ。
 
もっとサティス力を効かせるコツ@
 
もっとサティス力を効かせるコツ@
夏は肌年齢が加速するシーズン。
紫外線にエアコンに、大量に出る汗や皮脂など…お肌を取り巻く環境は1年の中で最も過酷といってもいいでしょう。
そんなときに、頼りになるのがサティス製薬のUコスメ!!
ですが、さすがにトラブルが多い夏だといつもより効果が実感しにくい…という方もいらっしゃるのではないでしょうか?
そこで、過酷な夏でもしっかりと「サティス製薬の効果」イコール「サティスの力」を、お肌に効かせるには「洗顔」がコツ!
どんなにお肌に効果がある成分を使っていても、ダメージの元にきちんと届けることができなければ台無しです。
だからこそ、まずは洗顔でしっかりとお肌をリセットすることが何よりも大切。
中でもピュアシリーズの「マイルドソープ(美容石鹸)」はお肌に負担をかけず、汚れだけをごっそり落としてくれるので、ぜひ使っていただきたいアイテムです。
洗浄力が高い…と聞くと、「かえってカサカサになってしまうのでは?」「夏は隠れ乾燥だから効果が強いものは使いたくない」といった不安を持つ方がいらっしゃいますが、「洗顔のサティス」が手掛けたソープなら全く心配なし!

サティスの山崎社長は「洗いすぎは敏感肌にさせる最大の要因」と言っているだけあって、このマイルドソープは汚れを落としつつもお肌に大切な潤いはしっかりと守ってくれる優れモノ。
洗いたてなのにお肌の中からぷるんと潤っているような、汚れも乾燥もリセットしてくれるサティスだからできた‘夢の美容石鹸’なのです。

次回はそんな「マイルドソープ」を使ったおすすめの洗顔方法をご紹介するので、「サティス力」を効かせる為にも是非チェックしてくださいませ。
 
スキンケア商品でお肌が変わるタイミング
 
スキンケア商品でお肌が変わるタイミング
スキンケア商品を使っている方の最大の関心事といえば、やはり「お肌の効果がいつ実感できるのか?」この一言につきるのではないでしょうか?
Uコスメは日本一との呼び声が高いサティス製薬が手掛けただけあって、ほかのスキンケア商品とは異なり、「満足度」が大変大変高く、お試しくださった方のほとんどがリピートするという驚異的なスキンケア商品ですが、「お肌の変化」を感じるにはある程度、時間がかかるといわれています。

その理由は「お肌のターンオーバー」。
ターンオーバーとは簡単に言えば新陳代謝、お肌が生まれ変わるサイクルのこと。
だいたい一般的に約28日周期で、お肌が生まれ変わっていきますが、「スキンケアのしすぎで敏感肌になってしまった日本人女性のお肌はターンオーバーが長かったり、逆に極端に短かったり、かなり乱れている」とサティスの山崎社長はおっしゃいます。
とくに年齢を重ねれば重ねるほど、ターンオーバーの周期は遅くなり、1歳増えるとターンオーバーも1日伸びる…というデータもあるほど?!
ですので、スキンケアの効果を実感するには最低でも30日程度必要です。
40代以降になるとターンオーバーのサイクルがとくに遅くなってくるので、2〜3ヶ月はじっくりお肌に向き合ってお手入れを続けることが大切です。
山崎社長は「ダメージを受けたお肌を修復するにはダメージを受けた倍以上の年月がかかるといわれている」とおっしゃいます。
さらに山崎社長は「強力な成分を入れて無理に効果を出すのではなく、長時間持続する効果を実感していただく」というのがポリシー。

ですので、お肌にかなりの負担をかける即効性はありませんが、続けていれば続けているほど、あるとき急に花開くように、「今までにない自分」「見たことのないお肌」に必ず出会うことができるのです。
 
「感覚」に頼る他社と「結果」にこだわるサティス
 
「感覚」に頼る他社と「結果」にこだわるサティス
Uコスメのお客さまの多くは、いままではTVCM、新聞などで大々的に広告されているスキンケア商品を使っていた方が多く、Uコスメを使って「スキンケアだけでこんなにお肌が良くなるなんて…」と感動される方が多いようです。
日本の女性は年齢を重ねてもスキンケアをころころ変える…という方が多く「コスメジプシー」という言葉が生まれるほど、自分にあったスキンケア商品に出会えていないというのが現実です。
一体なぜこのようなことが起こるのか? 理由は簡単!
「日本のスキンケアメーカー、とくに大手メーカーは斬新さを求めたお肌によいと「思われる」合成成分の開発にばかり目が向いていて、人のお肌での実験、立証をきちんとしないまま商品化しているからだ」とサティスの山崎社長はおっしゃいます。

「人のお肌」で実験をしていないという事実に驚きですが、「明確な効果の立証というよりは社内やモニターに使ってもらい、うるおってるかな? 前よりよくなったかな?」と「感覚」で効果を判断する場合が圧倒的だそう。
「このような感覚には当然個人差がある。だからスキンケア商品を使ってもお肌が良くならないのです」と山崎社長は断言します。
そんな悪しきコスメ業界に新風を巻き起こしたのが、ほかならぬ山崎社長。
「効果を科学的に立証する」という当たり前のようで誰もやっていなかったことにしっかりと向き合っています。
押しも押されぬトップメーカーになった今も忠実に「結果」だけにこだわってスキンケア商品を開発しつづけている…。
だからこそサティスのUコスメは、いままでのスキンケア商品では感じることがなかった「お肌の変化」「美しくなる楽しさ」を実感することができるのです。
 
夏は「●●すぎ」にご注意を
 
夏は「●●すぎ」にご注意を
一歩外へ出ると焼けつくような紫外線…。
ちょっと歩いただけで汗や皮脂で顔はテッカテカ。
室内に入っても、冷えっ冷えのエアコンでお肌はくすみ、血行不良に!
次から次へと容赦なく出てくる肌トラブルには、いつもより念入りなお手入れでダメージを食い止めたいですが、そんなトラブルが多い夏こと「●●すぎ」はNGなのです!
「●●すぎ」とはズバリ「お手入れのやりすぎ」ということ。

まず1番にやってはいけないのが「顔の洗いすぎ」。
汗や皮脂でベトベトになったお肌をスッキリさせたい!
日焼け止めをしっかり塗ったからきちんと落としたい! という気持ちはわかりますが、夏だからといって1日に何回も洗顔をしたり、ふだんはやらないW洗顔などをするのは絶対に×。
サティスの山崎社長は「日本人女性が老化しやすいお肌になった最大の原因はこの洗顔のしすぎによるものだ」と断言しています。
Uコスメの洗顔アイテムなら、洗顔の回数を増やさなくても1回でしっかりと落とすことができます。なので、夏だからといって過剰に洗顔をしなくても◎なのです。
そしてもう一つ、やってはいけないのが「こすりすぎ」。
洗顔する時もそうですが、化粧水やゲル、クリームを塗る時もゴシゴシお肌をこすってはいませんか?
とくに目元や口元は皮膚が薄いため、過剰にこすると「シワ」の原因に!
シワを作りたくない! という思いでつい力が入ってしまう方もいるようですが、完全に逆効果…。

サティスの山崎社長はそんな女性たちの「こすりぐせ」も考え、即浸透するゲルをUコスメに採用しています。
お肌にのせただけでスッと浸透するので、夏のシワ予防にもUコスメは最適なのです。
 
進化を続けるサティス製薬
 
進化を続けるサティス製薬
スキンケア商品の広告で「従来品よりもバーションアップ」「さらに効果をアップして再登場」などといった文言をよく目にします。
そんな広告を目にした愛用者さまから「Uコスメはリニューアルしないの?」というお声をいただくことがあります。
確かに、Uコスメは販売以来、大幅なリニューアルなどはしたことがありません。
その最大の理由は「お肌への効果も安全性もしっかりと証明された、すでに完成されたスキンケア商品である」から。 つまり、Uコスメは誕生した時点でしっかりと完成されたスキンケア商品であるため、他のスキンケアメーカーのようにあわてて何かを追加したり、香料などを加え、目先を変えて商品をPRしなくてもいい…ということなのです。
だからといって何一つ変わっていないのか? と言ったらそうではありません!
Uコスメは誕生以来、ずっと一筋でお使いいただいている方が非常に多いですが、そんな敏感な愛用者さまからは「Uコスメは変った? 前よりももっと使いやすくなったんだけど」と言った声をちょうだいいたします。
「使いやすくなった」1番の理由は「愛用者さまのお肌が良くなったから」ですが、もう一つの理由は目立たないところでテクスチャーなどを改良したりしているからです。
一般的にスキンケア業界では「使用感を重視する」と「効果や安全性は二の次になる」と言われています。
しかしながらUコスメを製造しているサティス製薬は日本でNO.1と言われるほど、高い技術力を誇るリーディングカンパニー。
そのため、「お肌への効果や安全性」はそのままで「使用感だけを改善する」といった離れ業を実現できてしまうのです。
他社メーカーだったら「うちの技術力で」などと過剰にPRするところですが、そんなことはサティスの山崎社長にとっては当たり前のこと…。
「完成」してもなお上を目指し、さらなる進化を続けるのがサティス製薬! だからこそ、ずっとNO.1であり、オンリー1であり続けるのです。
 
夏のお肌をダメにするもの
 
夏のお肌をダメにするもの
夏は汗やベトつきがひどく、つい顔を洗いたくなるもの。
夏になると他のスキンケアメーカーは、広告や会報誌などで過剰な洗顔をあおったり新商品を開発したり、「洗顔重視」になりがち。
そんな過剰広告にあおられ、夏になると洗顔は3回、時には4回に増やす…という方も多いのではないでしょうか?
しかし、そんな日本人女性のスキンケア習慣をサティス製薬の山崎社長は「じつはこの洗いすぎが、もともと老化しにくいお肌であった日本人女性を、トラブルや老化が起きやすい敏感肌にした一番の原因」と言っています。
とくにシワやシミ、たるみなど加齢肌に悩む女性は「手をかける」方がお肌がキレイになる…と思っているのではないでしょうか?
しかし、山崎社長は「過剰なケアをすることはお肌のストレスになるから逆効果」と断言しています。
もともと日本人のお肌はビタミンAが多く、老化しにくい肌質であったのですが、過剰なお手入れをあおる大手メーカーなどのアイテムで、いまやすっかり刺激に弱い敏感肌に…。
さらに悪いことに、一般的な洗顔料にはお肌に悪影響を与える「界面活性剤」が使われているため、お手入れをすればするほど、界面活性剤のダメージがお肌に蓄積し、年齢肌をさらに加速させることに!!
つまり、夏に顔を洗いすぎることは、ただでさえトラブルが起きやすいお肌に、さらにものすごい負担をかけているということ!
なので本当にお肌を美しくしたい、若返りたいというのであれば、夏であっても洗い過ぎないケアを続けることが大切です。
さらに、Uコスメのように界面活性剤を使っていない洗顔アイテムを使うこともポイント!

なかには汚れを落とすことに特化し、必要なうるおいまで奪ってしまうスキンケア商材も多いので、Uコスメの洗顔アイテムのように「お肌を美しくする」ことに特化した商品だけでシンプルケアを意識することが重要なのです。
 
なぜサティス製薬なのか?
 
なぜサティス製薬なのか?
日本にはスキンケアの製造メーカーは、いくつあるかご存じですか?
最近ではスキンケア専門ではなく、食品やサプリメント、フィルムなど、異業種からの参入も多いですが、現在約6,000社くらいの製造メーカーがあるといわれています。
これだけ数があると、一体どこに製造を委託すればよいか迷ってしまいますが、Uコスメは誕生以来、スキンケアもヘアケアも、すべてサティス製薬一筋!
ほかの製造メーカーから「ぜひともうちで!」というオファーを数多くいただいても、1度もぶれることなく、すべてサティスにお願いをし、日本でNo.1と自信を持っておすすめできるスキンケア商品を送り続けています。
ではなぜ、そこまでサティス製薬にこだわり続けるかというと、ひとことで言えば「サティス製薬がすべてにおいて、もっとも優れているスキンケア製造メーカーだから」です。
流行にながされ、売れればいい! というスキンケア業界の中でサティスは「皮ふの理想を形にする」という理念のもと、とにかく効果と安全性が証明された商品だけを誕生させている日本で数少ない企業。
とくに効果や安全性について、すべてが「人まかせ」な他社メーカーに対し、サティスはトップ企業でありながら、「4段階70項目」の評価試験をすべて自社で実践!
開発から製造までを一貫して請けおっている、本当に信頼できる職人のようなスキンケアメーカーだからなのです。
さらにトップメーカーだけに、いままで世に送りだしたアイテムは1,000以上…とも言われていますが、効果や安全性を最終的に確認する際は、すべて山崎社長が立ち会っているという徹底ぶり!

つまり、日本でもっともお肌のことを知りつくしているプロが自らの手で作り上げているため、Uコスメはすべてサティス製薬なのです。
242件(1-10件表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11