サティス製薬の山崎社長が語った製品や技術に対するこだわりをご紹介。

サティス製薬のきらめき

242件(151-160件表示) 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21

サティス製薬のきらめき

 
夏の終わりのボディケア
 
夏の終わりのボディケア
8月も終わりに近づいてきました。そろそろ夏の疲れがお肌に出てくる頃です。
強い紫外線や、エアコンによる乾燥などダメージの多い季節なので、顔はしっかりとケアをしてきた方も多いと思いますが、ボディはどうでしょうか?
外出の機会が増えるこの時期は、手や腕などをウッカリ日焼けしてしまったり、素足にサンダルを履いて皮膚の表面がゴワゴワになってしまったりと、なにかと気になる部分があるのではないでしょうか。

そんな夏の終わりのボディケアにピッタリなのが「ピュア ボディゲルクリーム」です。
紫外線を浴びたお肌は乾燥してしまうので、保湿ケアがなにより大切です。
ピュア ボディゲルクリームなら、すっとなじんで、べたつかずにお肌にうるおいを与えてくれるのです。
気づかないうちに紫外線を浴びていることの多いデコルテや、湿度の高い季節でもガサガサしがちな、ひじ・ひざ・かかとなど、すみずみまでしっかりとお手入れをしてあげましょう。
うるおい成分がすばやく広がるので、みずみずしくふわっとやわらかなお肌を叶えてくれるのです。

また、お出かけをして疲れやむくみを感じた時には、お風呂上りにピュア ボディゲルクリームを使って、全身をやさしくほぐすようにマッサージするのもオススメです。
血行が良くなってすっきり軽やかに。
イキイキとしたボディを実感できるはずです。

自分のカラダに手をかけてあげることは、自分自身を大切にすること。
まだまだ薄着の季節は続きますので、入念にお手入れをして思わず触りたくなるようなしっとりツヤツヤボディを目指しましょう。
 
トータルケアの大切さ(2)
 
トータルケアの大切さ(2)
8月も中旬となり、夏真っ盛り。
暑い日続き、テレビではさまざまな夏用のスキンケア商品のCMを見かけますね。
季節が変われば気温、湿度、紫外線などが変化し、お肌もその影響を受けていきます。
そのためシーズンごとにスキンケア商品を分けているメーカーも少なくありません。

しかし、季節ごとにスキンケア商品を変えることは良い面もありますが、お肌に負担をかけてしまう場合もあります。
ただでさえ季節の変わり目のお肌はゆらぎがち。
そこに新しいスキンケア商品を使うことで、新しい刺激やストレスがかかり、トラブルのもとになってしまうこともあるのです。

その点、「ピュア」や「アンフェリーク」なら、年間を通して同じアイテムで、安定したお手入れをすることができます。
乾燥が気になる時には「ローション」や「コンセントレート」をたっぷりつけたり、くすみをケアしたい時には、こまめに「フェイシャルパック」を使ったりと、お肌の状態に合わせてお手入れを工夫することで、季節を問わず充実したケアができるのです。

また、スキンケア商品は一生使っていくものですので、長く使うことでより効果が実感できるという点も、とても重要です。
サティス製薬では、10年20年たったとき、お客さまに『これを選んでよかった』と思っていただけるような商品作りに取り組んでいます。
強い成分によって、お肌のダメージを一時的に解消するのではなく、肌本来の力を高めることで、健康でトラブルの起こりにくい状態へと、じっくり育てていくスキンケア商品を開発しているのです。

サティス製薬が作る「ピュア」や「アンフェリーク」は、1年を通して使えるだけでなく、年齢を重ねていくお肌に寄りそうように長期的に「トータルケア」ができるスキンケア商品です。
コツコツと日々のお手入れを続けて、美しい肌を育てていきましょう。
 
トータルケアの大切さ(1)
 
トータルケアの大切さ(1)
ジェルメロードで大人気のスキンケア商品「ピュア」や「アンフェリーク」は、クレンジングからゲルクリームまで、同じブランドで揃えた「ライン使い」で、ご愛用いただいている方がたくさんいらっしゃいます。
商品を気に入っていくうちに、自然にフルセットで使うようになったお客様も多いようです。

一般的にスキンケア商品は、1品ごとの効果だけでなく、ラインで使ったときに最良の効果が得られるように考えて作られています。
ハリ、ツヤ、うるおいなどの「効果」や、どのようにお肌の悩みを解決していくかといった「目的」など、一貫したコンセプトのもと長い時間と労力をかけて研究を重ね、商品化されているのです。

たとえば、ピュアやアンフェリークは『エイジングケア化粧品』として、「ローション」や「ゲルクリーム」などが、それぞれ配合する成分から使用感、効果など、お肌にとって最適なバランスに計算して作られています。
また、きちんと順番に使用することで、個々の商品が、相乗的に効果を発揮できるよう設計されているのです。 だからこそトータルでスキンケア商品を使うことは、異なるブランドのものをバラバラに自己流に取り入れるより、効果的なお手入れができるのです。

もちろん、いきなり全部の商品を揃えることはむつかしい場合もあるかもしれません。
しかし、「お肌に合う」とひとつひとつの良さを実感できたら、少しずつでも同じラインのアイテムを揃えていくことは、美肌への近道になるはずです。
お肌が美しく変わっていくことが感じられる“お気に入りのもの”は、ついついお友達にも教えたくなってしまいますよね。
 
「インナードライ」にご用心
 
「インナードライ」にご用心
夏は、一歩外に出ればジリジリと照りつける日差しが、屋内ではエアコンによる乾燥が、お肌にダメージを与えています。
「女性は夏に年をとる」といわれるように外的刺激が多く、お肌にとって、もっとも過酷な季節です。

とくに、この時期注意したいのが、お肌の『インナードライ』です。
汗や皮脂分泌が活発になるため、お肌の表面はべたべたしがちですが、それが「うるおい」だと思ったら、大間違い。
べたついているように感じても、お肌の水分は汗の蒸発とともに失われていくため、内側が乾燥していることが、実は少なくありません。
内部の乾燥が進むと、お肌を守ろうとより皮脂分泌が活発になります。
そのため、肌表面はますますテカテカになり、中は乾燥してカラカラといった状態に……。
これが「夏の隠れ乾燥」ともいわれる『インナードライ』なのです。

インナードライの解決策は、とにかくお肌を保湿してあげること。 「ピュア ローション」や「アンフェリーク コンセントレート」をつけるのはもちろん、それらがお肌に留まるように「ゲルクリーム」を重ねることも忘れずに。
夏はベタつきを気にして、油分のあるスキンケア商品を控える方もいらっしゃいますが、水分と油分をバランスよく整えてあげることで、過剰な皮脂分泌も落ち着きます。
また、メークの上からでも使える「アンフェリーク コンセントレート」で、こまめにうるおいを補ってあげることもオススメです。

お肌の乾燥は、シミ、しわ、たるみといった肌老化を引き起こす要因の1つ。今こそしっかりケアをして、若々しい肌をキープしていきましょう。
 
女性ホルモンにアプローチする「ダイズ種子エキス」
 
女性ホルモンにアプローチする「ダイズ種子エキス」
「女性ホルモン」は、月経を起こしたり、肌の潤いを保ったり、女性らしい体のラインを作ったりと、さまざまな形でわたしたちの体に影響を与えています。
しかし、40代以降になると加齢によるホルモンの変調によって、生理周期の変動や、のぼせ、ほてり、発汗、イライラなどの症状が起こる方もいます。
また、お肌のターンオーバーにも関連しているため、ホルモンバランスの崩れが肌トラブルのもとになっていることもあるのです。

年齢を重ねるごとに分泌量が減ってしまう女性ホルモンを、体の中で自然に増やしたり整えたりすることができればいいのですが、それはなかなかむつかしい……。

そこでサティス製薬では、乱れがちな女性ホルモンを補う成分として、「ダイズ種子エキス」に注目しています。 エキスの素材となるダイズには、イソフラボンが含まれています。
その中にあるダイゼインというポリフェノールは、女性ホルモンのエストロゲンと化学構造式がうりふたつ。
エストロゲンは、お肌にハリを与えたり、髪にツヤを出したりする物質ですが、ダイゼインはそれと同様の働きをするといわれています。
そのため「植物性の女性ホルモン」「疑似ホルモン」とも呼ばれています。
お肌の内側のコラーゲンに働きかけたり、美白や抗炎症の作用も持っています。

日常生活の中で睡眠をたっぷりとる、体を冷やさないなど、ホルモンのバランスが崩れないように気をつけていくことは大切ですが、女性ホルモンに働きかける成分を補ってあげることも1つの手。
女性の一生を通じて、重要な役割を担っている女性ホルモンと、上手に付き合っていきたいですね。
 
「洗い」にも徹底して
 
「洗い」にも徹底して
サティス製薬では「皮膚の理想を形にする」という理念のもと、スキンケア商品を製造しています。
高い品質への信頼から、これまで開発した商品の数は、なんと230社1,000アイテムにものぼります。

工場では厳しい管理体制の下、最新の設備を駆使し、スタッフがひたむきに製造に取り組んでいます。
その工程にはさまざまな作業がありますが、なによりも徹底しているのが製造装置の「洗い」です。

山崎社長は、この「洗い」へのこだわりについて熱く語ってくれました。
「商品は機械によって作られていきますが、操作するのは人間です。とても細やかな作業になるため、どんなに注意を払っても経験の浅いスタッフは失敗をすることがあります。未熟であるがゆえのミスは仕方ありません。しかし、手を抜くということは絶対にあってはならないと考えています。特に、“洗い”という作業は、どれだけ丁寧に洗えるか、ということに尽きるのです。要するに“気持ちが一番大事であり、技術よりも大切”ということです。そこがしっかりできないスタッフには、他の作業を任せるわけにはいきません」

例えば、サティス製薬ではスキンケア商品の中身を製造する、「釜」と言われる装置を1つ1つ手で洗っていきます。
大きくて深い鍋のような釜のふちに立って、上からシャワーで水をかけながら洗うため、経験の浅いスタッフは周りにたくさんの水滴を飛び散らせてしまいます。
しかし、“熟練”といわれる頃になると、釜の外に水をはじくことなく、洗いきることができるようになるのです。

一見地味な作業でも、丁寧に徹底してやり抜く。
その積み重ねこそが、サティス製薬の高い品質への信頼を生み出しているのです。
 
匠の技によって生まれた「ゲルクリーム」
 
匠の技によって生まれた「ゲルクリーム」
日本には、さまざまなジャンルにおいて「匠」といわれる、その道の大家がいます。
たとえば、三ツ星といわれる寿司屋の職人。
彼らが握った寿司の米粒は、ほとんど同じ数になるといわれています。
わざわざ量らなくても、研ぎ澄まされた手の感覚によって、極上の味わいを引き出す「握り」の形を作り出すことができるのです。
サティス製薬の「ゲルクリーム」も、このような匠の技から生まれました。

サティス製薬が取り組んできた “合成界面活性剤を使わないスキンケア商品”の開発。
その過程の中で、一番のキモは「界面活性剤を使わずに、水と油をどう混ぜ合わせていくか」という点でした。お肌の表面と同じように、水分と油分を最適なバランスにするために、ありとあらゆる撹拌(かくはん)装置を使って何度も実験を重ねました。
しかし、なかなか結果を出すことができなかったのです。

ところが、ある時サティス製薬の山崎社長が手で混ぜ合わせたところ、水分と油分のバランスがピタッと整ったのです。長い間、スキンケア商品作りの最前線に立ち続けた山崎社長の手は、商品の中身(バルク)の繊細な動きや変化も感じとれるほど、敏感になっていました。その手の感触と、これまでの経験で培った勘と技術によって、機械よりも精密に水と油を混ぜ合わせることに成功したのです。そして、その手の感覚を機械に応用していくことで、界面活性剤不使用の「ゲルクリーム」が誕生しました。

山崎社長は「今でも、キレイなゲルクリームを手で作る自信があります」と語ります。
どれだけ機械の技術が進歩しても、熟練の技を持つ人間の感覚でしか到達できない領域があります。その技と、サティス製薬の研究技術が組み合わさることで、これまでにない画期的なゲルクリームが完成したのです。
 
ジメジメした季節も指通りのいい髪で
 
ジメジメした季節も指通りのいい髪で
梅雨は髪がひろがったり、ぺしゃんこになってしまったりと、なかなかまとまりにくいのが悩みのタネ。
また、強い紫外線の影響でごわついたり、変色したりするなどダメージも出やすくなっています。
痛んだ髪は、だらしなく見えたり、老けた印象にもつながりがち。
お肌と同じように「きちんと汚れを落とす」「うるおいを与える」といった毎日のケアがとても大切です。

そこで、この時期オススメなのが「ピュア ヘアシャンプー」と「ピュア ヘアトリートメント」です。
ヘアシャンプーは、きめの細かい泡が、汗や皮脂でべたついた頭皮の汚れをすっきりと落とします。必要なうるおいは守りながら洗えるので、髪のきしみもなく「使い続けるたびにまとまる感じ」「洗いあがりがさっぱりして気持ちいい」と、お客さまからたくさんのお声をいただいています。

ヘアトリートメントは、傷んだ髪にうるおいとツヤを与えます。
とくにダメージがひどい部分には少し多めにつけて、いつもより長めにおいてから流すと、しっとりツヤツヤの髪に導きます。
ご愛用中の皆さまからは「毛先が傷んでゴワゴワになっていましたが、クシ通りが良くなりました」「しっとりしてパサつきがなく、気に入っています」といったお声をいただいています。

どちらもピュアシリーズのスキンケア商品と同様に、界面活性剤は不使用。茶葉エキスや栗渋皮エキスを配合しているので髪と頭皮にうるおいを届けて、美しく整えてくれるのです。また、無香料なのでスタイリング剤の香りを邪魔しないところも◎。ピュアシャンプー&ヘアトリートメントで、梅雨もさらツヤヘアーを目指しましょう♪
 
雨の日は「おこもり美容」で美肌作り
 
雨の日は「おこもり美容」で美肌作り
気温の上昇とともに、べたつき、てかり、毛穴の開きが目立ってくる6月。
紫外線のダメージも加わって、なんとなく顔全体がくすんで、「お疲れ感」が気になるのもこの時期です。

外出がおっくうな雨の日は、そんなお疲れ肌を癒してあげるチャンス。
ゆっくり家にこもって、普段なかなかできない特別なお手入れで、肌をリフレッシュさせましょう。題して「おこもり美容」です!

「おこもり美容」の基本は、汚れを取り去ること。
日ごろメイクをする方はもちろん、ノーメイクの方も、日焼け止めや皮脂汚れが毛穴に残りやすいので、しっかり落としてあげます。

一旦クレンジングで洗顔をし、水気を拭き取ったら「フェイシャルパック」の出番です。
ゆっくり半身浴をしながら顔はもちろん、紫外線を浴びやすい首から胸元、腕にも少し厚めに伸ばします。
軽く目を閉じて5分ほどそのまま置いたら、きれいに洗い流しましょう。

汚れが落ちた肌には、美容成分がよくなじみます。
お風呂から出たら、ローションで整え、コンセントレートやエッセンスゲルを使ってマッサージです。

こすらないように、いつもより多めに顔に広げたら、おでこは真ん中からこめかみに向かってクルクルと、次にあご先から耳に向かってクルクルと、頬はフェイスラインに沿って内から外へ、鼻筋は上から鼻先へとやさしくマッサージします。
次は目元。
目頭からまぶたを通って目尻へ、そのまま下を通って目頭へと指を滑らせて。
最後に、手に残った分を首から胸元になじませたら完了です。

きちんと手をかけた分、お肌は変わります。
肌老化が進む夏を乗り切るためにも「おこもり美容」で、すこやかなお肌の土台を整えてくださいね。
 
若々しい素肌のもと「オリジナル酵母 」
 
若々しい素肌のもと「オリジナル酵母 」
年齢を重ねるごとに女性を悩ませる、シワやたるみ。
これは、お肌の奥の真皮層で弾力を支えている“コラーゲン”が、加齢や紫外線によって減少したり、破壊されたりすることが原因でおこります。

若々しい素肌を保つために、コラーゲンを積極的に補いたいところですが、残念なことにコラーゲンは分子が大きく、肌内部にまで届けることが困難です。
そこでサティス製薬は考えました。
「肌自らに、もっと積極的にコラーゲンを作らせることができないか」。
こうして誕生したのが「オリジナル酵母」です。

真皮のコラーゲンは、同じく真皮に存在する「繊維芽細胞」により作られます。
しかし年齢を重ねることにより、だんだん生成能力が弱くなり、新鮮なコラーゲンは減るばかりです。「オリジナル酵母」は、この「繊維芽細胞」に『コラーゲンを作りなさい』と指示を出し活性化してくれる、エイジングケアにとても有効な成分なのです。

最近では、酵母は年齢肌にアプローチする成分として、さまざまなスキンケア商品に配合されていますが、「オリジナル酵母」はそれらの一般的な酵母に比べて約3倍もの保湿力があります。
また、お肌の細胞と非常によく似ているため、違和感なく、スムーズに働きかけることができるのです。

それだけではありません。
「オリジナル酵母」は紫外線を浴びることでできてしまう「コラーゲン分解酵素」を抑制し、お肌のコラーゲンを守ります。
さらに、コラーゲンの変質の原因である糖化を防ぐことで、コラーゲン自体のハリや弾力を維持してくれる働きもあります。
エイジングケアはもちろんのこと、紫外線が強くなるこれからの季節に欠かせない成分といえるのです。
242件(151-160件表示) 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21