サティス製薬の山崎社長が語った製品や技術に対するこだわりをご紹介。

サティス製薬のきらめき

242件(11-20件表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

サティス製薬のきらめき

 
夏こそゲルで美肌に!
 
夏こそゲルで美肌に!
突然ですが、質問です。
夏でも毎日ゲルは使っていますか?
「使っている」と答えた方はOK。

一方、「冬よりは乾燥が気にならないから使っていない」、「ゲルはべとつく感じがするから朝のお手入れの時は使っていない」という方は要注意です!
湿度が高くムシムシする夏は一見、お肌が潤っているように感じますが、実際は汗や皮脂の分泌が多く、潤っていると思っているだけ…。
実はエアコンや紫外線ダメージでお肌の潤いはどんどん奪われているため、ほとんどの方は冬場に負けないくらいのインナードライ状態に!
そんな時に保湿効果が非常に高いゲルを使わないと、ますます肌内部の乾燥が進み、シワやたるみを引き起こすことにもなるのです。
ゲルは他のスキンケアメーカーも、にたようなものを販売していますが、Uコスメに使われているのは日本でナンバー1のサティス製薬開発のゲル。
一般的なゲルは浸透も悪く、べたつく感じがいつまでも残りますが、サティスのゲルは保湿力も通気性も抜群!
さらに、水が主成分のため、お肌につけたときにベタつかず、さらりとした感触が特長。
有用成分が素早く、しっかりと角層深部に届くので、お肌への効果も即! 実感することができます。

サティス製薬のゲルは有用成分をお肌に届けるだけでなく、このゲル自体に高い保湿力があるので、インナードライやシワ・たるみなどの年齢感の改善にも大変効果的!
紫外線の強力な刺激によっておこる光老化やシミなども手厚く保湿することでダメージをリセット!
トラブルの表面化を防ぐことができるので、夏こそゲルできちんとお手入れをし、年齢肌を加速させないことが大切です。
 
髪を生やすために大切なこと
 
髪を生やすために大切なこと
「お肌も重要だけど、髪も大切!」このように思う方が最近多いようです。
薄毛といえば男性だけのお悩み…と思いがちですが、ここ数年は女性専用のヘアケア商材が爆発的に増えているように、薄毛は女性にとっても大問題!
いまは若いころからパーマやヘアカラーをする方が多いことから、シニア世代だけでなく、20代後半くらいから抜け毛や薄毛対策に頭を悩ませているのが実情のようです。
実際に、どんなにお肌が美しくても頭皮がペシャンコ、髪がスカスカだととても残念な印象に…。
お肌よりも髪が貧弱だと「見た目年齢」を5〜10歳老けさせてしまうというデータもあることから、ボリューム感のある強い髪を育むことが美しく歳を重ねるためには重要です。
育毛というと、頭皮だけを重視しがちですが、実は毎日行っているシャンプーやトリートメントも大切!
大手メーカーに多い使用感重視のヘアケア商材には、髪に不要な香料や添加物が配合されているため、使い続けていると髪を弱らせる原因に…。
とはいえ、よくあるオーガニック系の自然派のヘアケア商材では汚れを落としきることができないので、頭皮が詰まり、抜け毛が増えるといわれています。

そこで、活躍するのが「Pure Scalpシリーズ」のシャンプーとトリートメント。
どちらもただ髪を洗う、保護するだけの効果だけでなく、髪の土台となる頭皮環境自体を改善!
汚れや紫外線、刺激、加齢などで弱っている頭皮をシャンプーでリセットし、トリートメントで髪と頭皮を刺激物からガードすることで、ハリ・コシのある美しい黒髪を育むことができるのです。

毎日のシャンプーとトリートメントを変えることで、失われた黒髪を取り戻りましょう!
 
流行に流されないサティスの強み
 
流行に流されないサティスの強み
ご愛用者の方から「なぜ、サティス製薬のUコスメには広告などでよく見る流行の成分があまり配合されていないのでしょうか?」というご質問をいただきました。
たしかに、スキンケア商品の広告を見ているとよく目にする成分、つまり流行の成分というものが見受けられます。
例えば、コエンザイムQ10やプラセンタにフラーレン、さらには鮭のパワーの源として知られるアスタキサンチンなど…。
これらの成分は一世を風靡し、多くの商品が誕生しましたが、その大半がブームが去ったあとは尻すぼみになり、生産中止になっているものも多いようです。
ではなぜ、Uコスメにはこのような流行の成分は配合されていないのでしょうか?
その理由はじつに簡単! サティスの山崎社長は「お肌に効果がある成分」だけを、自社で使用するスキンケア商品の配合成分として選んでいるからです。
また、海外の成分をあまり使っていないのもサティスならではの特長。
山崎社長は「素材は国内産にこだわり、良いところも悪いところもすべて知りつくしたうえで、製品開発を行なっています」とおっしゃっています。
さらに製品開発の際には「素材の力を十分に活かすことができるだけでなく、普段目立たない素材を組み合わせて、さらに効果が実感できるようにしている」とのこと。
つまり、流行や話題性に惑わされることはなく、「普段目立たなくても」確かな効果がある成分だけを選別して配合しているのです。

意外に思われるかもしれませんが、スキンケア業界とは専門ではなく、異業種のメーカーが多く参入しているだけあって流行に流されやすいのが実情…。
ですが、サティスは日本では数少ない「効果を実証した」スキンケア商品だけを販売することができるため、日本でNO.1と高い評価を得ているのです。
 
シワを作らせないサティスだけの美肌ケア
 
シワを作らせないサティスだけの美肌ケア
シワ…年齢を重ねた女性の多くが悩まれる肌トラブル。
最近では過剰なメイクやお手入れのしすぎなどから、20代の方でもシワに悩まれる方が増えているようです。
どんなにお肌が美しくても、目元や口元にほんのちょっとあるだけで、老けた印象を与えてしまうため、何としても日ごろのスキンケアで「シワを作らせないお肌」にしたいもの…。
ですが、残念ながら、市場に出ている「アイクリーム」などではまったく効果がないといわれています。
シワといえば、何か特別な成分でお手入れをすれば何とかなる! と思っている方が多いようですが、肌の根幹部分が衰えてしまったお肌に外からあたえるケアでは×。
つまり、お肌自身が生まれ変わり、根幹部分から元気に、ふっくらとしなくてはシワは改善することができないのです。

そこでおすすめなのがシワシワだったお肌を修復し、お肌本来の力を再生させてくれる「アンフェリーク コンセントレート」。
だれよりも「効果」にこだわるサティスの山崎社長が、あらゆるスキンケア成分の中から選びぬいたシラノ―ルを高配合。
さらに、アンフェリークのためだけに開発したオリジナル酵母がお肌の根本部分に働きかけてパワーチャージ!
お肌自身を蘇らせることで、お肌の内側から持ち上がるようなハリを目覚めさせて、シワを目立たなくしてくれるのです。
また、成分を浸透させたい! と目元や口元にクリームや美容液をしっかり塗り込む方が多いようですが、デリケートな目元口元をゴシゴシするのはNG。
刺激を与えることでかえって「シワ」を増やしてしまいますが、コンセントレートはゲルタイプで塗り込まなくても即浸透させることができるので、「シワ予防」にもなるのです。
 
お肌に本当に悪い成分とは?
 
お肌に本当に悪い成分とは?
よくスキンケア商品の広告で「無添加なのでお肌にやさしい」「●種類の添加物は一切不使用! だから安心・安全」といった表現を目にします。
たしかに、こんな広告を見るとスキンケア商品の安全にこだわる人の多くは「無添加ならば安心!」と思ってしまうようですが、防腐剤や香料などが入っていなければお肌にやさしい、安全といった考え方は「正しくはありません!」とサティス製薬の山崎社長は明言しています。
お肌に悪い成分といえば、防腐剤や香料、酸化防止剤、化学合成の色素などいわゆる「添加物」のイメージが強いですが、「お肌に本当にダメージを与えるのは、これらの成分だけではない」と山崎社長はおっしゃっています。
ほとんどのスキンケア商品に配合されているため、大手メーカーなどは絶対に公表はしませんが、「界面活性剤」こそがお肌に負担をかけ、どんなに手をかけても美しくなれない「負のスパイラル」の原因になっているのです。
「界面活性剤」とはスキンケア商品を作る上では欠かせないといわれている成分。

本来混ざりあうことがない水と油を一体化させる力があり、洗顔やクリーム・乳液などにはほぼ100%使われている素材です。
スキンケア商品を製造する上で大変便利な成分であるということも事実ですが、本来混ざらないものを融合するだけの力がある…ということですから、「使い続けることで肌機能にダメージを与える」という大変なリスクもあります。
多くのスキンケアメーカーはこの事実を知っていながら、商品化のために目をそらしていましたが、山崎社長はこの「不都合な真実」にも向き合い、「界面活性剤不使用の商品作り」に挑戦しました!
Uコスメでも使用されている「ゲル」技術の開発により、界面活性剤を使わない本当に安心・安全なスキンケア商品を日本ではじめて誕生させました。

お肌はダメージを受けると元に戻すのは本当に大変です!
だからこそ、表面上の安心・安全にとらわれず、「界面活性剤」不使用にまでこだわったUコスメでお肌をいたわりながらキレイを目指しましょう。
 
スキンケアメーカーの実態
 
スキンケアメーカーの実態
年齢をかさね、たくさんのスキンケア商品を使った女性の多くが「スキンケア商品は効果がない」とおっしゃいます。
とくにCMなどで派手に宣伝している大手メーカーほど効果がない!
広告で言っていることとまったく違う! と言う方が多く、残念ながらスキンケア商品自体に不信感をもっている方もいらっしゃるようです。
ではなぜ大手のスキンケア商品には、効果がないのでしょうか?
その答えを、サティス製薬の山崎社長は「多くのスキンケアメーカーは感覚だけに頼り、人のお肌での効果を立証せずに商品化してしまっているからだ」とおっしゃっています。
人のお肌に使うものなのにその効果を立証せずに世に出す…というのはにわかに信じられないことですが、それが「スキンケアメーカーの悪しき実態」と山崎社長は断言しています。
「もちろん人のお肌で実験をしているメーカーはあるが、明確な効果の立証というよりは社内やモニターに使ってもらい、うるおってるかな? など感覚で効果を判断している場合が大半」だそう。
なかには「お肌によい成分をこれだけ使っているから効果があるに違いない」といった研究データだけで、商品化しているメーカーもあると山崎社長はおっしゃっています。
最近では、スキンケアを専門としない異業種のメーカーが数多く化粧品販売に参入するなか、サティス製薬の山崎社長は、業界をけん引するトップとして「感覚に頼らず、客観的なデータのみで効果があるか否かをジャッジすることが大切」と熱く語っています!

Uコスメは、そんなサティスが手掛けた自信作だけあって、日本最高水準の70項目でお肌をチェックし、効果が立証された日本でも数少ない本物のスキンケア商品です。
だからこそ、今までの商品で効果がなかったという方にも、ぜひ使っていただきたい逸品なのです。
 
Uコスメの密かな進化
 
Uコスメの密かな進化
先日、Uコスメを長く愛用されているお客さまから「最初使った時はイマイチ…と思ったけれど、Uコスメは使えば使うほど心地良くなってくる。なにか秘密があるのかしら?」というご質問をいただきました。
長く使っていくほどに心地よく感じる…その理由のまず一つは「お肌の状態が以前よりも格段に良くなっている」からです。
Uコスメは効果とはまったく関係のない「使用感の良さ」よりも『お肌への確かな効果』を第一に考えているため、最初に使った方は「使用感が悪い」と感じるようです。
けれども、「お肌の状態が良くなり、シワやごわつきなどがなくなると以前よりも使用感が良くなった」ように感じるお客さまが多いようです。
凸凹だったお肌が滑らかになったり、キメが整ってくると化粧水やゲルの肌馴なじみがさらに良くなってきます!
なので「商品の使用感が変わった」のではなく、「お肌が良くなったから使用感も良くなった」ということなのです。

そしてもう一つの秘密は…、Uコスメの密かな進化です。
サティス製薬は効果の数値化を徹底することで高い品質の製品を開発し続けている日本屈指のスキンケアメーカーです。
4段階70項目の評価試験など、「効果」「安全」へのこだわりはNo.1と言われているだけあり、商品化されているスキンケア商材は全て完成形といっていいほど、ハイクオリティな逸品ばかりですが、常に「最高の効果」を求めるため、日々進化を続けています。
Uコスメもこれ以上はない! というほど、しっかりした効果が立証されたスキンケア商材ですが、少しでも心地よく使っていただくために、いまも研究を重ね、商品のブラッシュアップをはかっています。
さきほどもご説明したように使用感や成分を変えたり、効果が変わったりすることはありませんが、より確かな効果が実感できるような工夫を凝らしています。

「使えば使うほど良くなってくる」理由もこの進化のせいかもしれません。
だからこそ、Uコスメは長く使えば使うほど、お肌の変化や若返りを強く感じることができるのです。
 
家族みんなで美肌計画
 
家族みんなで美肌計画
薬局や雑貨店などで「男性化粧品コーナー」が設けられているように、ここ最近、男性用のスキンケア商材が大変な人気になっているそうです。
実際にここ数年、男性向けのスキンケア市場は大きく拡大!
民間調査会社のアンケートなどでもビジネスパーソンの多くが「乾燥・カサツキ」「テカリ・ベタツキ」を気にすると回答しており、特に「乾燥・カサツキ」については約63%の人がお手入れを行っているなど、スキンケアの意識が急激に高まっている様子がうかがえます。
女性だけでなく、男性も「手をかけている」「清潔感がある」などの「見た目印象」がビジネスなどの成否を左右すると言われていますが、大半の方はどんなケアをしたらいいかわからないというのが実情…。
男性用化粧品の多くは匂いやテクスチャーにも特徴があり、お肌に合わないという方も多く、女性以上にスキンケアに悩んでいるという調査結果もあります。
そこでそんな悩める男性にもおすすめなのがUコスメ。

Uコスメといえば効果が立証されているスキンケア商品として高い評価を受けていますが、お肌へのやさしさなど安全性が高く、どんな肌質の方にも安心してお使い頂ける設計になっています。
さらにサティスの山崎社長の「余計なものは入れない」という強い信念で香料なども不使用!
世に出回っている男性用スキンケアの多くは過剰に香料を使用していますが、この余計な匂いが気になる男性にも心地よく使っていただけるため、しっかりと肌悩みのケアに取り組んでいただくことができます。
あまり知られてはいませんが、実はUコスメの愛用者の方の多くがご主人や息子さんとシェアして使っていただいています!

家族みんなで美肌計画…そんな使い方や楽しみ方ができるのもUコスメだけの魅力なのです。
 
お肌への効果的な届け方
 
お肌への効果的な届け方
前回、5月の肌トラブルには緑茶がいい…というお話をさせていただきましたが、今回は引き続き、「お肌への効果的な届け方」についてご紹介させていただきます。

「お肌への届け方なんて…しっかりと塗りこめばいいんでしょう?」と思う方もいらっしゃるでしょうが、その考え方はNG!
お茶にもお湯の温度や蒸らし時間など、美味しい入れ方があるように、成分の抗酸化力をしっかりと発揮させるためには「きちんと届けるお手入れ」をすることが大切なのです。
まず、最も重要なのは「正しい量」を使うこと。
実はスキンケア商品で効果がでない最大の原因は正しい量を使っていないからだ…といわれています。
お薬も決められた用法容量を守らなければ効き目がないように、どんなに効果があるスキンケア商品であっても定められた量を守らなければ、効果は出ません!
ですので「500円硬貨大」「10円硬貨大」などの使用量はきちんと守ること!
重ね塗りなどで多めに使用することはOKですが、しっかりお肌になじませることがコツです。
次のポイントが「お肌になじませて、浸透させること」。
こちらも意外にできていない方が多いと思います。
効果的に成分を届けるにはお肌全体に成分を届けるイメージでていねいにお肌にのせることが◎!
そしてハンドプレスなどでしっかりとなじませ、1〜2分はそのままの状態をキープしてください。
よく、化粧水を塗ったらすぐ、ゲルやクリーム…という方がいらっしゃいますがそれでは×!
1品、1品のケアが完了してから次のお手入れをしなければ、全く意味がなくなってしまうので要注意です。
 
春のお肌は緑茶が救う!
 
春のお肌は緑茶が救う!
まもなく5月!
GWも間近ですが、お出かけのご予定はお決まりですか?
気候も良いため、太陽を思いっきり浴びて開放的に…といきたいところですが、実は5月は紫外線量がピークに!!
紫外線といえば夏のイメージが強いですが、お肌の深部にまで影響を与えるUV−Aが最も多いのは5月…。
UV−A波はシワやたるみなど「光老化」の原因となるお肌にとって最大の天敵!! というべき紫外線のため、毎日のお手入れもより強化していくことが大切です。

そんなトラブルが起きやすい春のお肌を救ってくれるのが5月にシーズンをむかえる「緑茶」。
緑茶に含まれる茶カテキンは強い抗酸化力で知られ、老化の原因となる活性酸素を除去してくれるため、緑茶を飲むことはヘルスケアにもいいと言われています。
が、お肌の若返りを目指すなら、飲んで体にとりいれるだけでなく、茶カテキンをお肌に直接塗ってケアする方が◎。
そこで5月はピュアシリーズをライン使いでお使いいただくことがアンチエイジングのカギとなるのです。
ピュアシリーズはこちらも抗酸化成分として名高い栗の渋皮エキスを主成分としていますが、実は若返り成分である茶カテキンもたっぷりと含まれています。
とくにこのピュアシリーズに含まれている茶カテキンは日本でも数少ない特別な原木から採取された成分。
ほかのスキンケア商品に含まれている茶カテキンよりも1.5倍ものパワーを持っており、年齢肌の深い深いお悩みもまたたくまにレスキューしてくれるのです。

普段アンフェリークを使われている方も5月はピュアシリーズを使うとGOOD!
少ししっとり感がもの足りない場合は重ねづけをすれば、十分に潤うため、季節によって使い分けるのもおすすめです。
242件(11-20件表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11