サティス製薬の山崎社長が語った製品や技術に対するこだわりをご紹介。

サティス製薬のきらめき

242件(211-220件表示) 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25

サティス製薬のきらめき

 
女性は夏に年をとる!
 
女性は夏に年をとる!
今回は、なんだかいやなタイトルからスタートしましたが、「女性は夏に年をとる!」って、聞いたことはありませんか? つまり、夏はそれだけお肌ダメージの要因が増えるということです。

その原因として、真っ先に思い浮かぶのは紫外線。夏の強い紫外線を浴びたことにより、お肌の奥のメラノサイトが危機感を覚え、メラニンを大量に作り出します。
そして、紫外線を浴びてメラニンが蓄積すると、代謝が遅れることにより、角質肥厚が起きやすくなります。排出されずに積み重なったメラニンがシミの原因になることは、皆さまもよくご存じだと思います。

また、紫外線によるダメージはそれだけでなく、真皮に存在するコラーゲンやエラスチンが破壊されることにより、お肌は弾力を失い、ひどい場合は深いシワの原因となります。

さらに、夏は一日中冷房を使いますから、意外にお肌は乾燥しがち。外に出れば、今度は汗をかくことにより水分が奪われて、お肌の内部も乾燥しますし、汗の中の塩分が、肌表面に残りパリパリになっている場合もあります。
こうなるとお肌は酸化し、活性酸素が発生しやすくなります。するとお肌はくすみ、本来の機能も低下してしまいます。暑さのために、サッパリした感触のスキンケア商品を使いたくなるのも、肌トラブルの原因のひとつといえます。ざっと挙げただけでも、気が遠くなりそうですね。

では、いったいどうしたら、夏の加齢の加速を食い止めることができるのでしょうか。

ポイントはふたつです。まずは紫外線を防止すること。紫外線はお肌の大敵ですから、外出時には日焼け止めはもちろん、日傘や帽子などで、物理的に遮断することが大切です。

もうひとつは保湿! 皆さま、保湿は冬と思っていませんか。でも、夏のお肌にこそ、保湿は必要不可欠なのです。
アンフェリークシリーズやPureシリーズは、ほとんどが水分をたっぷり含んだゲルをベースに作られています。
使い心地も爽やかで、夏でもストレスなくお使いいただけるのも、うれしいポイントですね。

うるおいが保たれたお肌は、紫外線に対する防御力も高まり、代謝も整うことから、シミやくすみといった、肌トラブルも起きにくくなるという相乗効果もあります。
皆さまも、アンフェリークシリーズやPureシリーズでうるおいをしっかり保ち、若々しく夏を乗り切ってください。
 
正しいスキンケア商品のための「3つの想い」
 
正しいスキンケア商品のための「3つの想い」
いま、中国では皮ふ科にかかる患者の数が急増しています。その原因は、経済の発展にともなって生活が欧米化し、体に影響を与えていることがひとつ。もうひとつは、「スキンケアの多様化」にあるといわれています。海外からスキンケア商品が次々と参入し、それらを使う経済力もついてきているので、新しいものを使っては変え、使っては変え……と繰り返すことでお肌にストレスを与え、状態を悪くしているのです。

「こうならないためにも“正しいスキンケア商品”を選び、使い続けることが重要です。」と、サティス製薬の山崎社長は言います。サティス製薬では、正しいスキンケア商品を作るために「3つの想い」を掲げ、取り組んでいます。

ひとつは「正しい成分」。日本人のお肌に受け入れられやすい国産の天然素材にこだわり、発掘と開発を進めています。ふたつ目は、「正しい技術」。界面活性剤不使用のゲルのように、効果をしっかりと担保しながら、お肌にダメージを与えない技術の研究を重ねています。3つ目は「科学に立証された効果」。日本で最高水準となる70項目の評価試験で、お肌の状態を徹底分析。わずかな変化も見逃すことなく数値化し、客観的なデータで、「効果があるか否か」を判断しています。そして、お肌に負担をかけることなく、状態が改善できたものだけを商品化しているのです。

このようにして作られた商品は、強い刺激を与えずに本来の健康な状態へ戻すようなアプローチをしていくため、短期間で効果を実感することがむつかしい場合もあります。しかし、本当に大切なのは一時の強力な効果ではなく、ゆるやかに続いていく効果。山崎社長は、「お肌にストレスをかけないようじっくりと時間をかけ、長く効果が続くことが正しいスキンケアの証」と言います。一生使っていくものだからこそ、しっかりとお肌に向き合って作られたものを選び、使い続けていきたいですね。
 
コラーゲンを生み出す力
 
コラーゲンを生み出す力
アンフェリークシリーズでおなじみの成分に、オリジナル酵母があります。スキンケア商品作りの職人である、サティス製薬の山崎社長のこだわりから誕生したオリジナル酵母。いったいどのような成分なのでしょうか。

年齢を重ねるごとに気になってくるシワやたるみは、コラーゲンの減少が大きな原因の一つだといわれています。コラーゲンは、真皮と呼ばれるお肌の奥の部分で、ベッドのスプリングのように広がる弾力繊維です。これが破壊されたり、減少したりすることにより、シワやたるみができるのです。ところがコラーゲンは分子が大きく、スキンケア製品としてお肌に塗っても、真皮まで浸透させるのがむつかしく、もともと存在しているスプリングの役割を補うことはできないのです。

そこで、山崎社長は考えました。
「コラーゲンは、僕らの体の中にもともとあるんですが、生まれた時から死ぬまで、同じコラーゲンがあるわけではありません。コラーゲンも古いものは消化され、新しいものが作られる。このメカニズムに注目する必要があったのです。コラーゲンの代謝にかかわっているのが、繊維芽細胞という細胞です。この細胞が、しっかりと古いものを消化して新しいものを作る。この需給バランスが一生涯取れていれば、コラーゲン量は生まれてから死ぬまで、理論上は一定になるはずです。しかし、繊維芽細胞自体が、お肌の奥深くに存在するため、栄養を与えても、到達するまでに分解されてしまいます。そこで着目したのが、繊維芽細胞に『コラーゲンを作りなさい!』と指示を出す細胞です。それがオリジナル酵母」

とくにオリジナル酵母のすぐれた点は、数ある酵母の中でも保湿力がダントツに高く、さらに人間の皮ふを構成している細胞と、姿形が非常によく似ているところです。
お肌にとって違和感がないことから、スムーズに働き、その効果は絶大です!

お肌が本当に喜ぶものを追及し、こだわった結果、お肌にやさしくなじむだけでなく、エイジングケアとしても、理想の形を導き出すことに成功したのです。
 
化粧水の効果的な使い方
 
化粧水の効果的な使い方
化粧水の効果的な使い方
前回は、化粧水の使い方についてご紹介しました。今回は、そのあとに使う美容液とゲルの効果的な使い方について、お話しいたします。

ピュアシリーズのボトルに共通して書かれているのが、この一文。
「朝や夜の洗顔後に、適量を手指にとり、お顔全体に軽く伸ばし、すりこまずにそのまま1〜2分おいて、じっくりなじませたのちに、手指で軽く整える方法がおすすめです。」

同じ内容ではありますが、化粧水と美容液やゲルでは、少しイメージが違います。
それはお肌へのなじませ方。サラッとしている化粧水は、お肌へのなじみがよく、一方、手とお肌の摩擦が起きやすいため、できるだけ手を滑らせずに、初めから押さえて浸透させる方法がおすすめです。

それに比べて、美容液やゲルはコクもあり、ベタベタするため、いったん伸ばして広げる必要があります。手に適量を取ったら、中指と薬指を使って顔に置いていきます。図1のように、まずはおでこへ。鼻筋は上から下へ向かって、そのまま鼻の下へ。頬は、顎先からフェイスラインに沿って上に向かって置きます。スペースが広いので、2つのラインに分けましょう。
そこまでいったら、今度は手のひら全体を使って広げていきます。まず、手のひらに残った美容液やゲルを、両手をすり合わせるようになじませ、おでこから順番に、図2のように、右手で@、左手でA、次は鼻筋を右手でB、左手でC、同様に鼻の下も右手でD、左手でEのラインで伸ばします。
次は頬。ここからは両手を一緒に使って、F、Gと広げます。最後に目元です。
目の周りは、顔のなかでも一番皮ふの薄い部分です。力の弱い薬指の腹を使って、矢印の方向に、トントンと細かく押さえるようなイメージで、ていねいになじませます。
このとき、皮ふを引っ張らないように気をつけましょう。顔全体に行き渡ったら、いったん手を休めます。その間に、手に残った分を首にもなじませて!

そのまま1〜2分置いたら、化粧水をつけるときの要領で、やさしく押さえてなじませます。塗り広げるときに、手に力を入れて擦らないように要注意!

同じスキンケア商品でも、使い方一つで効果が変わりますので、ぜひ今日から試してみてください。
 
化粧水の効果的な使い方
 
化粧水の効果的な使い方
お肌のためには、どんなスキンケア商品を使うかということがとても大切です。
皆さまも、これまでご自分のお肌に合う商品を探して、いろいろ試してみた経験があるのではないでしょうか。紆余曲折のうえ、ようやく自分にピッタリな商品に出会ったら……それを正しく使って、より効果を実感していただきたいというのが、サティス製薬の願いでもあります。今回は化粧水の使い方についてお話しします。

ピュアシリーズのボトルにこんな一文が書かれています。
「朝や夜の洗顔後に、適量を手指にとり、お顔全体に軽く伸ばし、すりこまずにそのまま1〜2分おいて、じっくりなじませたのちに、手指で軽く整える方法がおすすめです。」

もう少し詳しくお話しいたしましょう。まず、手のひらに適量をとったら、いったん両手をすり合わせるようにして、化粧水を手に伸ばします。そのままお顔を包むようになじませていきます。一度に全体を包み込むことはできませんので、手をずらしながらつけていきますが、この時、急いで手を滑らせるように動かすと、どうしても擦ってしまいがちなので要注意。

図のように、大きく3つの部分に分けて手のひらをぴったり顔に密着させるように、やさしく押さえていきます。3つ数えるくらいのペースで、ゆっくりゆっくり、「きれいにな〜れ〜!」と、ハンドパワーを送るつもりで行いましょう。目や鼻、口の周りなどは、中指と薬指の腹を使って、そっと押さえてケアします。繰り返すうち、濡れた感じがなくなり、頬が手のひらに吸い付いてきます。そしたら、1〜2分そのまま手を離して放置しましょう。その間に、お肌の中では化粧水がゆっくり行き渡っていくのです。最後にもう一度、仕上がりを確かめるつもりで、手のひらでお顔を押さえて完成です!

手で顔を包むと、リラックス効果も得られるといわれています。一日の始まりと終わりに、自分の肌を優しくいたわり、心もリセットしてくれるスキンケアタイム。忙しい日々のなかで、女性ならではのぜいたくなひとときを大切にしたいですね。
 
「マイナスのスパイラル」をストップさせるスキンケア
 
「マイナスのスパイラル」をストップさせるスキンケア
サティス製薬では、「お肌がきれいな女性は、普段どんなスキンケアをしているのか」という調査を行なったことがあります。20代〜60代の女性を30人ほど集めて、頻繁にエステに通うような方から、スキンケアをほとんどしない農家のおばあちゃんまで、さまざまなライフスタイルの女性のお肌を測定していきました。
さて、そのなかでお肌が一番きれいだったのは誰だと思いますか?

それは、スキンケアをほとんどしない60代のおばあちゃんでした。そして、もっとも結果が悪かったのは、美容に熱心な40代の方だったのです。その女性は、月に4〜5万円もスキンケア商品にお金をかけ、エステにも通い、毎日のお手入れには1〜2時間も費やしていました。しかし、残念なことに、見た目にもハッキリとわかるほど不健康なお肌になっていたのです。なんとかきれいなお肌にしようと手間とお金をかけ、それによってさらに刺激とストレスを与えてしまい、ますます状態を悪化させる……といった、「マイナスのスパイラル」にはまっていたのです。

そこで、サティス製薬では「洗顔とゲルクリームだけ」、というシンプルなスキンケアを提案し、実行してもらうことにしました。すると、3〜4週間経ってお肌を測定したところ、60代まで悪化していた「肌年齢」が40代まで戻っていたのです。

この調査からわかるように、本当に大切なのは、「シンプルなスキンケア」です。
もちろん、なにもせずにお肌を改善することはむつかしいです。しかし、高額のスキンケア商品やエステなどの、インパクトのある成分や強い刺激は、効果がある反面、トラブルを進行させてしまうリスクもあるのです。サティス製薬の山崎社長は、「シンプルなスキンケアでマイナスのスパイラルを止めれば、お肌は変わります」と言います。過剰な働きをすることなく、お肌本来の力を取り戻すことのできるシンプルなスキンケアで、「美肌のスパイラル」を目指していきましょう。
 
プラスイオンでダメージヘアを集中補修
 
プラスイオンでダメージヘアを集中補修
皆さまは、こんな髪の悩みはありませんか?

(1)毛先がパサパサ
(2)ごわついてまとまりにくい
(3)ツヤがなく、きしむ
1つでも当てはまる人は、ダメージヘアの可能性があるので要注意。

パサつきやツヤ不足は、髪が水となじみやすい状態になっていることが原因で起きています。本来、健康な髪は水をはじく性質がありますが、痛んだ髪は水に濡れると、周りの水分となじみ、その水分に引っ張られて髪のなかのうるおい成分をどんどん流出してしまうのです。

例えば、髪がバサバサするので落ち着かせようとして水をつけたら、乾いたときに、もっとバサバサになってしまった……という経験はありませんか? これも、水分と一緒に、うるおい成分が出ていってしまったことが原因です。

では、どうすればダメージをケアできるのでしょうか。油分を多く含むトリートメント剤などで、しっとりと落ち着かせるヘアケアが一般的ですが、実はあまり効果的ではありません。もともと、水と油は分離する性質を持っているので、濡れた髪には油分のうるおいをしっかりと届けることができません。とくに、痛んだ髪は油分がいきわたりにくいのです。

そこで、サティス製薬では毛髪の持つ性質に着目し、イオンの力でダメージを補修するという新しい発想のトリートメントを開発しました。それが、「ピュア スカルプトリートメント」です。痛んだ髪は、マイナスイオンを帯びていますが、そこに、磁石のように吸着する「プラスイオンの植物成分」を配合。しっかりと毛髪をコーティングし、油分の潤いを中まで届けること可能にしたのです。また、長期的な使用で、べたつきやごわつきの原因になるシリコンを配合せず、植物成分にこだわった「ノンシリコンタイプ」のトリートメントに仕上げました。

髪にとっても夏は、1年のなかでも紫外線の影響によるパサつきやごわつき、変色などのダメージを受けやすい時期。いつもよりもていねいなお手入れを心掛けていきましょう。
 
使い続けるスキンケア
 
使い続けるスキンケア
皆さまは、いま使っているスキンケア商品を、何年くらい使用していますか。
以前、スキンケア商品は長く使うことが大切というお話しをしましたが、そのためには本当にあなたのお肌にいいものを、見極める目も大切です。

サティス製薬の代表的な製品の1つであるゲルクリームは、科学と偶然によって誕生した、奇跡に近いバランスの、すぐれた効果を持つ商品です。偶然というのは、世の中にたくさんありますが、科学のすばらしいところは、偶然をちゃんと分析し、再現できるという点です。そして、偶然を偶然に終わらせないということこそが科学であり、サティス製薬が重要視しているポイントなのです。しかし、科学のあるなしというのは、製品を使ってすぐにはわかりません。使い続けて何年か経ってみないと、本当の良さを実感することは難しいのです。

お肌には、生まれ変わりのサイクルがあるというお話しをしましたが、正常なサイクルでも、一層の細胞が生まれて剥がれ落ちていくまでに28日間といわれています。
たった一層の循環が、約1か月もかかるわけです。
しかし、年齢とともにこのサイクルはどんどん遅くなりますから、一層が生まれて剥がれ落ちていくまでに、例えば3か月かかることもあるのです。
このサイクルが正常に整うまでには、それこそ何年もかけて、気長にお手入れを続ける必要があります。

例えば、室町時代の神社や仏閣は、100年、200年という長い年月を経て、その間にあらゆる震災を耐え忍び、いまもなおしっかりとした形をとどめています。それだけすぐれた技術が使われているということですが、それは建ててすぐにわかるものではありません。年月が経ってはじめて、その価値が明らかになるのです。

サティス製薬のゲルクリームに使われている技術も同様に、長く使っていただくことで違いが見えてきます。スキンケア商品は、女性にとって一生の付き合いになるものなので、結局、続けられないと意味がありません。そこを見据えて作られているゲルクリームは、長く使い続けるほど良さが実感できる、正しいスキンケア商品の1つの答えだといえるでしょう。
 
角質のトラブル
 
角質のトラブル
前回、角質層のお話しをしましたので、せっかくですから、もう少し角質にかかわるお話しをいたします。

肌細胞は、基底層で生まれて、約28日間かけて垢としてはがれていきます。このサイクルをターンオーバーといいますが、これが乱れることで、様々なトラブルが現れます。

そのひとつが角質肥厚です。これはターンオーバーの遅れにより、角質層が厚くなった状態です。
お肌の表面には、本来はがれていくはずの古い角質が残り、キメはもうほとんどなくなってツルツル。肌触りもゴワゴワし、見ためにも、くすんでハリのない印象になります。
原因は、ストレスや睡眠不足、食生活の乱れ、運動不足、老化などいろいろ考えられますが、お手入れ不足による汚れの蓄積もそのひとつです。
まずは、キメがなくなって硬くなった角質に、しっかり水分を入れて、やわらかくしてあげることが重要です。洗顔でやさしく汚れを落としたら、普段のお手入れに加え、ゲルをいつもより厚く塗ってパックをしましょう。
血行不良も角質肥厚の原因になりますので、以前ご紹介したツボマッサージも効果的。思い当たる方は、ぜひ試してみてください。

もうひとつのトラブルが角化不全です。角質肥厚と反対に、ターンオーバーが速くなりすぎて、角質層が薄くなっています。長期にわたるホルモンバランスの乱れや界面活性剤の残留、こする刺激などにより、細胞が正常な再生サイクルをおこなえなくなった状態で、角質細胞が未熟で弱々しいため、少しの刺激でもすぐに剥がれ落ちてしまいます。薄く弱い角質層は、外界の刺激を受けやすくなりますから、痒みや赤味、ヒリツキがでることも。
肌触りは、角質肥厚と同じように、ゴワゴワ、ガサガサしていますので、スクラブなどで擦ってしまう方もいらっしゃいますが、言語道断!
余計な刺激はNGです。こういうときは、あまり特別なことをせず、痒みやヒリツキがひどい場合は、専門医に相談しましょう。

ゴワゴワが気になって、こすってしまえば角化不全になり、今度はそれを補おうと、角質層は肥厚していきます。悪循環におちいらないためにも、「こすらず保湿!」ということを覚えておいてくださいね。
 
奇跡の角質層
 
奇跡の角質層
奇跡の角質層
以前、人間のお肌の最上部には、角質層という、すでに核のなくなった細胞の層がおおっているというお話しをしました。この角質層は、たった0.02mmの薄い層なのですが、その内部はとても神秘的な構造をしています。

簡単にご説明すると、角質層のなかには、細胞がレンガのように並んでいます。この細胞の中にはNMF(天然保湿因子)と呼ばれる物質があり、水を蓄えて細胞をやわらかくふっくら保っています。また、レンガとレンガをつなぐために、間を埋めるセメントの役割をするものが存在します。このセメント部分は、水と細胞間脂質(セラミド)という脂性の物質が、ミルフィーユのように積み重なってできています。

NMFは水分を抱え込むことにより、角質細胞内の保湿をおこない、その周りをおおっている細胞間脂質が、水分や保湿成分の流出を防いでいるのです。この構造は、奇跡といえるくらいに完璧に計算しつくされていて、これが自然の産物だと思うと、その神秘の力に驚くばかりです。

普通、哺乳類は体毛と頑丈な皮で、外界からその生命を守っていますが、人間が毛皮を捨てることができたのは、角質層を手にしたからにほかなりません。
つまり角質層は、内部の大切な成分が、外に逃げ出さないように保護しながら、外界の刺激からもお肌を守っているのです。

サティス製薬が界面活性剤不使用にこだわるのは、この構造に由来します。界面活性剤は、水と油の境界線を壊し、両者をきれいに混ぜ合わせる性質をもちます。角質層は、水分と脂分がそれぞれ分離した状態で重なっているからこそ保たれている構造ですから、界面活性剤に触れることで均衡が崩れ、壊れてしまうのです。

角質層が壊れると……外界の侵入を許すことになり、お肌は敏感になります。いまや日本人の20代女性の70%が敏感肌といわれています。つまり、本当にお肌にいいスキンケアは、思ったより難しいのです。だからこそ、奇跡的なバランスで保たれている角質層を守るために、サティス製薬は日々研究を重ねているのです。
242件(211-220件表示) 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25