サティス製薬の山崎社長が語った製品や技術に対するこだわりをご紹介。

サティス製薬のきらめき

237件(1-10件表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11

サティス製薬のきらめき

 
「感覚」に頼る他社と「結果」にこだわるサティス
 
「感覚」に頼る他社と「結果」にこだわるサティス
Uコスメのお客さまの多くは、いままではTVCM、新聞などで大々的に広告されているスキンケア商品を使っていた方が多く、Uコスメを使って「スキンケアだけでこんなにお肌が良くなるなんて…」と感動される方が多いようです。
日本の女性は年齢を重ねてもスキンケアをころころ変える…という方が多く「コスメジプシー」という言葉が生まれるほど、自分にあったスキンケア商品に出会えていないというのが現実です。
一体なぜこのようなことが起こるのか? 理由は簡単!
「日本のスキンケアメーカー、とくに大手メーカーは斬新さを求めたお肌によいと「思われる」合成成分の開発にばかり目が向いていて、人のお肌での実験、立証をきちんとしないまま商品化しているからだ」とサティスの山崎社長はおっしゃいます。

「人のお肌」で実験をしていないという事実に驚きですが、「明確な効果の立証というよりは社内やモニターに使ってもらい、うるおってるかな? 前よりよくなったかな?」と「感覚」で効果を判断する場合が圧倒的だそう。
「このような感覚には当然個人差がある。だからスキンケア商品を使ってもお肌が良くならないのです」と山崎社長は断言します。
そんな悪しきコスメ業界に新風を巻き起こしたのが、ほかならぬ山崎社長。
「効果を科学的に立証する」という当たり前のようで誰もやっていなかったことにしっかりと向き合っています。
押しも押されぬトップメーカーになった今も忠実に「結果」だけにこだわってスキンケア商品を開発しつづけている…。
だからこそサティスのUコスメは、いままでのスキンケア商品では感じることがなかった「お肌の変化」「美しくなる楽しさ」を実感することができるのです。
 
夏は「●●すぎ」にご注意を
 
夏は「●●すぎ」にご注意を
一歩外へ出ると焼けつくような紫外線…。
ちょっと歩いただけで汗や皮脂で顔はテッカテカ。
室内に入っても、冷えっ冷えのエアコンでお肌はくすみ、血行不良に!
次から次へと容赦なく出てくる肌トラブルには、いつもより念入りなお手入れでダメージを食い止めたいですが、そんなトラブルが多い夏こと「●●すぎ」はNGなのです!
「●●すぎ」とはズバリ「お手入れのやりすぎ」ということ。

まず1番にやってはいけないのが「顔の洗いすぎ」。
汗や皮脂でベトベトになったお肌をスッキリさせたい!
日焼け止めをしっかり塗ったからきちんと落としたい! という気持ちはわかりますが、夏だからといって1日に何回も洗顔をしたり、ふだんはやらないW洗顔などをするのは絶対に×。
サティスの山崎社長は「日本人女性が老化しやすいお肌になった最大の原因はこの洗顔のしすぎによるものだ」と断言しています。
Uコスメの洗顔アイテムなら、洗顔の回数を増やさなくても1回でしっかりと落とすことができます。なので、夏だからといって過剰に洗顔をしなくても◎なのです。
そしてもう一つ、やってはいけないのが「こすりすぎ」。
洗顔する時もそうですが、化粧水やゲル、クリームを塗る時もゴシゴシお肌をこすってはいませんか?
とくに目元や口元は皮膚が薄いため、過剰にこすると「シワ」の原因に!
シワを作りたくない! という思いでつい力が入ってしまう方もいるようですが、完全に逆効果…。

サティスの山崎社長はそんな女性たちの「こすりぐせ」も考え、即浸透するゲルをUコスメに採用しています。
お肌にのせただけでスッと浸透するので、夏のシワ予防にもUコスメは最適なのです。
 
進化を続けるサティス製薬
 
進化を続けるサティス製薬
スキンケア商品の広告で「従来品よりもバーションアップ」「さらに効果をアップして再登場」などといった文言をよく目にします。
そんな広告を目にした愛用者さまから「Uコスメはリニューアルしないの?」というお声をいただくことがあります。
確かに、Uコスメは販売以来、大幅なリニューアルなどはしたことがありません。
その最大の理由は「お肌への効果も安全性もしっかりと証明された、すでに完成されたスキンケア商品である」から。 つまり、Uコスメは誕生した時点でしっかりと完成されたスキンケア商品であるため、他のスキンケアメーカーのようにあわてて何かを追加したり、香料などを加え、目先を変えて商品をPRしなくてもいい…ということなのです。
だからといって何一つ変わっていないのか? と言ったらそうではありません!
Uコスメは誕生以来、ずっと一筋でお使いいただいている方が非常に多いですが、そんな敏感な愛用者さまからは「Uコスメは変った? 前よりももっと使いやすくなったんだけど」と言った声をちょうだいいたします。
「使いやすくなった」1番の理由は「愛用者さまのお肌が良くなったから」ですが、もう一つの理由は目立たないところでテクスチャーなどを改良したりしているからです。
一般的にスキンケア業界では「使用感を重視する」と「効果や安全性は二の次になる」と言われています。
しかしながらUコスメを製造しているサティス製薬は日本でNO.1と言われるほど、高い技術力を誇るリーディングカンパニー。
そのため、「お肌への効果や安全性」はそのままで「使用感だけを改善する」といった離れ業を実現できてしまうのです。
他社メーカーだったら「うちの技術力で」などと過剰にPRするところですが、そんなことはサティスの山崎社長にとっては当たり前のこと…。
「完成」してもなお上を目指し、さらなる進化を続けるのがサティス製薬! だからこそ、ずっとNO.1であり、オンリー1であり続けるのです。
 
夏のお肌をダメにするもの
 
夏のお肌をダメにするもの
夏は汗やベトつきがひどく、つい顔を洗いたくなるもの。
夏になると他のスキンケアメーカーは、広告や会報誌などで過剰な洗顔をあおったり新商品を開発したり、「洗顔重視」になりがち。
そんな過剰広告にあおられ、夏になると洗顔は3回、時には4回に増やす…という方も多いのではないでしょうか?
しかし、そんな日本人女性のスキンケア習慣をサティス製薬の山崎社長は「じつはこの洗いすぎが、もともと老化しにくいお肌であった日本人女性を、トラブルや老化が起きやすい敏感肌にした一番の原因」と言っています。
とくにシワやシミ、たるみなど加齢肌に悩む女性は「手をかける」方がお肌がキレイになる…と思っているのではないでしょうか?
しかし、山崎社長は「過剰なケアをすることはお肌のストレスになるから逆効果」と断言しています。
もともと日本人のお肌はビタミンAが多く、老化しにくい肌質であったのですが、過剰なお手入れをあおる大手メーカーなどのアイテムで、いまやすっかり刺激に弱い敏感肌に…。
さらに悪いことに、一般的な洗顔料にはお肌に悪影響を与える「界面活性剤」が使われているため、お手入れをすればするほど、界面活性剤のダメージがお肌に蓄積し、年齢肌をさらに加速させることに!!
つまり、夏に顔を洗いすぎることは、ただでさえトラブルが起きやすいお肌に、さらにものすごい負担をかけているということ!
なので本当にお肌を美しくしたい、若返りたいというのであれば、夏であっても洗い過ぎないケアを続けることが大切です。
さらに、Uコスメのように界面活性剤を使っていない洗顔アイテムを使うこともポイント!

なかには汚れを落とすことに特化し、必要なうるおいまで奪ってしまうスキンケア商材も多いので、Uコスメの洗顔アイテムのように「お肌を美しくする」ことに特化した商品だけでシンプルケアを意識することが重要なのです。
 
なぜサティス製薬なのか?
 
なぜサティス製薬なのか?
日本にはスキンケアの製造メーカーは、いくつあるかご存じですか?
最近ではスキンケア専門ではなく、食品やサプリメント、フィルムなど、異業種からの参入も多いですが、現在約6,000社くらいの製造メーカーがあるといわれています。
これだけ数があると、一体どこに製造を委託すればよいか迷ってしまいますが、Uコスメは誕生以来、スキンケアもヘアケアも、すべてサティス製薬一筋!
ほかの製造メーカーから「ぜひともうちで!」というオファーを数多くいただいても、1度もぶれることなく、すべてサティスにお願いをし、日本でNo.1と自信を持っておすすめできるスキンケア商品を送り続けています。
ではなぜ、そこまでサティス製薬にこだわり続けるかというと、ひとことで言えば「サティス製薬がすべてにおいて、もっとも優れているスキンケア製造メーカーだから」です。
流行にながされ、売れればいい! というスキンケア業界の中でサティスは「皮ふの理想を形にする」という理念のもと、とにかく効果と安全性が証明された商品だけを誕生させている日本で数少ない企業。
とくに効果や安全性について、すべてが「人まかせ」な他社メーカーに対し、サティスはトップ企業でありながら、「4段階70項目」の評価試験をすべて自社で実践!
開発から製造までを一貫して請けおっている、本当に信頼できる職人のようなスキンケアメーカーだからなのです。
さらにトップメーカーだけに、いままで世に送りだしたアイテムは1,000以上…とも言われていますが、効果や安全性を最終的に確認する際は、すべて山崎社長が立ち会っているという徹底ぶり!

つまり、日本でもっともお肌のことを知りつくしているプロが自らの手で作り上げているため、Uコスメはすべてサティス製薬なのです。
 
夏こそゲルで美肌に!
 
夏こそゲルで美肌に!
突然ですが、質問です。
夏でも毎日ゲルは使っていますか?
「使っている」と答えた方はOK。

一方、「冬よりは乾燥が気にならないから使っていない」、「ゲルはべとつく感じがするから朝のお手入れの時は使っていない」という方は要注意です!
湿度が高くムシムシする夏は一見、お肌が潤っているように感じますが、実際は汗や皮脂の分泌が多く、潤っていると思っているだけ…。
実はエアコンや紫外線ダメージでお肌の潤いはどんどん奪われているため、ほとんどの方は冬場に負けないくらいのインナードライ状態に!
そんな時に保湿効果が非常に高いゲルを使わないと、ますます肌内部の乾燥が進み、シワやたるみを引き起こすことにもなるのです。
ゲルは他のスキンケアメーカーも、にたようなものを販売していますが、Uコスメに使われているのは日本でナンバー1のサティス製薬開発のゲル。
一般的なゲルは浸透も悪く、べたつく感じがいつまでも残りますが、サティスのゲルは保湿力も通気性も抜群!
さらに、水が主成分のため、お肌につけたときにベタつかず、さらりとした感触が特長。
有用成分が素早く、しっかりと角層深部に届くので、お肌への効果も即! 実感することができます。

サティス製薬のゲルは有用成分をお肌に届けるだけでなく、このゲル自体に高い保湿力があるので、インナードライやシワ・たるみなどの年齢感の改善にも大変効果的!
紫外線の強力な刺激によっておこる光老化やシミなども手厚く保湿することでダメージをリセット!
トラブルの表面化を防ぐことができるので、夏こそゲルできちんとお手入れをし、年齢肌を加速させないことが大切です。
 
髪を生やすために大切なこと
 
髪を生やすために大切なこと
「お肌も重要だけど、髪も大切!」このように思う方が最近多いようです。
薄毛といえば男性だけのお悩み…と思いがちですが、ここ数年は女性専用のヘアケア商材が爆発的に増えているように、薄毛は女性にとっても大問題!
いまは若いころからパーマやヘアカラーをする方が多いことから、シニア世代だけでなく、20代後半くらいから抜け毛や薄毛対策に頭を悩ませているのが実情のようです。
実際に、どんなにお肌が美しくても頭皮がペシャンコ、髪がスカスカだととても残念な印象に…。
お肌よりも髪が貧弱だと「見た目年齢」を5〜10歳老けさせてしまうというデータもあることから、ボリューム感のある強い髪を育むことが美しく歳を重ねるためには重要です。
育毛というと、頭皮だけを重視しがちですが、実は毎日行っているシャンプーやトリートメントも大切!
大手メーカーに多い使用感重視のヘアケア商材には、髪に不要な香料や添加物が配合されているため、使い続けていると髪を弱らせる原因に…。
とはいえ、よくあるオーガニック系の自然派のヘアケア商材では汚れを落としきることができないので、頭皮が詰まり、抜け毛が増えるといわれています。

そこで、活躍するのが「Pure Scalpシリーズ」のシャンプーとトリートメント。
どちらもただ髪を洗う、保護するだけの効果だけでなく、髪の土台となる頭皮環境自体を改善!
汚れや紫外線、刺激、加齢などで弱っている頭皮をシャンプーでリセットし、トリートメントで髪と頭皮を刺激物からガードすることで、ハリ・コシのある美しい黒髪を育むことができるのです。

毎日のシャンプーとトリートメントを変えることで、失われた黒髪を取り戻りましょう!
 
流行に流されないサティスの強み
 
流行に流されないサティスの強み
ご愛用者の方から「なぜ、サティス製薬のUコスメには広告などでよく見る流行の成分があまり配合されていないのでしょうか?」というご質問をいただきました。
たしかに、スキンケア商品の広告を見ているとよく目にする成分、つまり流行の成分というものが見受けられます。
例えば、コエンザイムQ10やプラセンタにフラーレン、さらには鮭のパワーの源として知られるアスタキサンチンなど…。
これらの成分は一世を風靡し、多くの商品が誕生しましたが、その大半がブームが去ったあとは尻すぼみになり、生産中止になっているものも多いようです。
ではなぜ、Uコスメにはこのような流行の成分は配合されていないのでしょうか?
その理由はじつに簡単! サティスの山崎社長は「お肌に効果がある成分」だけを、自社で使用するスキンケア商品の配合成分として選んでいるからです。
また、海外の成分をあまり使っていないのもサティスならではの特長。
山崎社長は「素材は国内産にこだわり、良いところも悪いところもすべて知りつくしたうえで、製品開発を行なっています」とおっしゃっています。
さらに製品開発の際には「素材の力を十分に活かすことができるだけでなく、普段目立たない素材を組み合わせて、さらに効果が実感できるようにしている」とのこと。
つまり、流行や話題性に惑わされることはなく、「普段目立たなくても」確かな効果がある成分だけを選別して配合しているのです。

意外に思われるかもしれませんが、スキンケア業界とは専門ではなく、異業種のメーカーが多く参入しているだけあって流行に流されやすいのが実情…。
ですが、サティスは日本では数少ない「効果を実証した」スキンケア商品だけを販売することができるため、日本でNO.1と高い評価を得ているのです。
 
シワを作らせないサティスだけの美肌ケア
 
シワを作らせないサティスだけの美肌ケア
シワ…年齢を重ねた女性の多くが悩まれる肌トラブル。
最近では過剰なメイクやお手入れのしすぎなどから、20代の方でもシワに悩まれる方が増えているようです。
どんなにお肌が美しくても、目元や口元にほんのちょっとあるだけで、老けた印象を与えてしまうため、何としても日ごろのスキンケアで「シワを作らせないお肌」にしたいもの…。
ですが、残念ながら、市場に出ている「アイクリーム」などではまったく効果がないといわれています。
シワといえば、何か特別な成分でお手入れをすれば何とかなる! と思っている方が多いようですが、肌の根幹部分が衰えてしまったお肌に外からあたえるケアでは×。
つまり、お肌自身が生まれ変わり、根幹部分から元気に、ふっくらとしなくてはシワは改善することができないのです。

そこでおすすめなのがシワシワだったお肌を修復し、お肌本来の力を再生させてくれる「アンフェリーク コンセントレート」。
だれよりも「効果」にこだわるサティスの山崎社長が、あらゆるスキンケア成分の中から選びぬいたシラノ―ルを高配合。
さらに、アンフェリークのためだけに開発したオリジナル酵母がお肌の根本部分に働きかけてパワーチャージ!
お肌自身を蘇らせることで、お肌の内側から持ち上がるようなハリを目覚めさせて、シワを目立たなくしてくれるのです。
また、成分を浸透させたい! と目元や口元にクリームや美容液をしっかり塗り込む方が多いようですが、デリケートな目元口元をゴシゴシするのはNG。
刺激を与えることでかえって「シワ」を増やしてしまいますが、コンセントレートはゲルタイプで塗り込まなくても即浸透させることができるので、「シワ予防」にもなるのです。
 
お肌に本当に悪い成分とは?
 
お肌に本当に悪い成分とは?
よくスキンケア商品の広告で「無添加なのでお肌にやさしい」「●種類の添加物は一切不使用! だから安心・安全」といった表現を目にします。
たしかに、こんな広告を見るとスキンケア商品の安全にこだわる人の多くは「無添加ならば安心!」と思ってしまうようですが、防腐剤や香料などが入っていなければお肌にやさしい、安全といった考え方は「正しくはありません!」とサティス製薬の山崎社長は明言しています。
お肌に悪い成分といえば、防腐剤や香料、酸化防止剤、化学合成の色素などいわゆる「添加物」のイメージが強いですが、「お肌に本当にダメージを与えるのは、これらの成分だけではない」と山崎社長はおっしゃっています。
ほとんどのスキンケア商品に配合されているため、大手メーカーなどは絶対に公表はしませんが、「界面活性剤」こそがお肌に負担をかけ、どんなに手をかけても美しくなれない「負のスパイラル」の原因になっているのです。
「界面活性剤」とはスキンケア商品を作る上では欠かせないといわれている成分。

本来混ざりあうことがない水と油を一体化させる力があり、洗顔やクリーム・乳液などにはほぼ100%使われている素材です。
スキンケア商品を製造する上で大変便利な成分であるということも事実ですが、本来混ざらないものを融合するだけの力がある…ということですから、「使い続けることで肌機能にダメージを与える」という大変なリスクもあります。
多くのスキンケアメーカーはこの事実を知っていながら、商品化のために目をそらしていましたが、山崎社長はこの「不都合な真実」にも向き合い、「界面活性剤不使用の商品作り」に挑戦しました!
Uコスメでも使用されている「ゲル」技術の開発により、界面活性剤を使わない本当に安心・安全なスキンケア商品を日本ではじめて誕生させました。

お肌はダメージを受けると元に戻すのは本当に大変です!
だからこそ、表面上の安心・安全にとらわれず、「界面活性剤」不使用にまでこだわったUコスメでお肌をいたわりながらキレイを目指しましょう。
237件(1-10件表示) 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11