内モンゴルとの絆

 
ジンギスカン鍋はモンゴル料理?
 
ジンギスカン鍋はモンゴル料理?
ジンギスカン鍋のあの形は、昔、モンゴル帝国が遠征するとき、野営中、鉄兜を鍋にして食べたのが始まりだと言われることもあるようですが、モンゴルの方に聞くと「そんな話しは聞いたことがない」と言われます。「偉大なジンギスカンをバカにしているのか!」と怒られる場合もあるほど。
モンゴルにあのような形の鍋で羊肉を焼いて食べるという料理はなく、おそらく、日本のオリジナルの料理で、あの鍋も日本オリジナルのものなのでしょう。羊の丸焼きが宴会などで出ることもありますが、それは特別な場合で、だいたいは塩茹ででいただくことのほうが多いようです。
最近は内モンゴルでも、ヌーベルキュイジーヌではありませんが、モンゴル料理を洗練して新しくアレンジしたレストランもいくつかあるようです。先日、内モンゴルに行ったとき、そういうレストランに連れてっていただき、炭火焼きの羊肉がとてもおいしかったのが印象的でした。
日本にもだんだん、モンゴル料理レストランもできているようですので、もし、モンゴルに行く機会があるようでしたら、ぜひ一度、味わってみるのもいいかもしれませんね。