内モンゴルとの絆

 
始まりは内モンゴルの味噌工場から
 
始まりは内モンゴルの味噌工場から
私たち、アルタイ/ジェルメロードが最初に内モンゴルに行ったのは、味噌工場の視察が目的でした。 そもそも、この味噌工場、万佳(ワンジャ)食品有限公司は、日本の、味噌作りをしている会社や米を扱っている会社、商社など10社以上が出資、こだわり抜いた味噌を作ろうということで1994年に設立された会社です。
ウランホトには農薬などを使わずに育てられた大豆や米がありました。ジランタイの岩塩もあります。この素材を使って味噌を作ろう。設立当初、ふたりの日本人技術者が現地に赴任、麹を手に入れ、日本からいろいろな機械を持ち込み、工場が稼働しました。
工場の作業員を募集したところ、朝から長蛇の列。日本の企業が協力しているのだから安定した雇用が期待できるだろうということだったようです。日本の技術と知恵、モンゴルの人たちの尽力で、手作りのすばらしい味噌ができあがりました。
最初に視察に行ったのは20年以上前、まだ工場が稼働して数年しか経っていないころでしたが、それからもたびたび工場を視察、年々大きくなっていく工場を見てきました。いまでは中国の緑色食品(優良食品)をはじめ、世界でも取得が難しいと言われているハラル認証など、世界各国の有機認証を受けた工場になりました。