内モンゴルとの絆

 
トラブルがすばらしい思い出に
 
トラブルがすばらしい思い出に
旅のまっただなかではトラブル続きでつらかった旅も、それから数年経ち、振り返ってみると、楽しい思い出になっていることがよくあります。
内モンゴルツアーでも数々のトラブルがあり、よい思い出になっています。
一番多かったのが移動でのトラブルでした。とくに車。以前も車が道に迷って、数日前に内モンゴルに行っていたにも関わらず、数日遅れて内モンゴル入りしたツアー一行の移動に合流できなかった経験を書きましたが、それだけではありませんでした。
最初の内モンゴルツアーでは、乗っていたバスが道に迷って、いつ目的地に着くかわからない状態だったという話しを聞きました。
3台のバスで移動中、1台のバスだけ到着せず、数時間後、夜中になってようやく到着したこともありました。
なぜ道に迷うことがよくあるかというと、道の状態が悪く、大きなバスでは通行できなかったり、工事をしていて通行止めになり、迂回しなければならないこともあります。しかも内モンゴルはとても広く、600Km以上移動することもよくあります。1日ずっとバスのなかだった日もありました。
そんな状態ですから、道に迷うのもしかたのないことだったのかもしれません。