内モンゴルとの絆

 
さらにトラブルが続く
 
さらにトラブルが続く
最近の内モンゴルツアーで、移動の際に使うバスはエアコン完備の快適なものが増えましたが、以前はエアコンがなく、窓を開けると砂ぼこりが舞い込み、ハンカチなどで顔を覆っていないと耐えられないこともありました。しかも通行している道は路面の状態が悪く、つねに揺れ、バスの天井に頭をぶつけそうなほどジャンプすることもありました。
到着すると現地の方々から白酒の歓待。「内モンゴルでは昼間はバスに酔い、夜はお酒に酔い、1日中、酔っていたような気がします」という方もいらっしゃいました。
そんな状態ですから、以前のツアーに参加する際は、年齢制限をつけていたこともあったほどです。
年齢制限をつけたにも関わらず、前回参加したときは大丈夫だったから、なんとか参加させてほしいと懇願する参加者もいらっしゃいました。
また別の方は、到着早々、体調を崩して病院に行き、看護師を同行しながらツアーに参加したということもありました。
いまとなってはどれもすばらし思い出になっています。