内モンゴルとの絆

 
魅力的な旅、内モンゴルツアー
 
魅力的な旅、内モンゴルツアー
それほど多いわけではありませんが、これまで、世界各地、いろんなところに行きました。
ハワイ、北米、ヨーロッパ、オーストラリア、東南アジア、インド、イラク……。
そのなかでも内モンゴルは印象深かった場所のひとつです。とくに最初のころ、20年前の内モンゴルは、いまでも鮮明に覚えています。
青い空と薄茶の沙漠、見渡す限りどこまでも続く2色だけの世界。まさに星が降ってくるような夜空。活力あふれる市場……。
そのどれもが新鮮で、感動的でした。
はじめて内モンゴルツアーに参加した方にお話しをお伺いすると、「満点の星空が見られるって聞いて参加したんです」、「ずっとずっとどこまでも続く草原や大地を見てみたかったんです」など、内モンゴルの魅力を聞いて参加した方も多かったようです。
内モンゴルで得た感動をより多くの人たちに伝えたい。きっと内モンゴルに行った人、皆さんが同じように感じ、そして人が人を呼んで膨らんでいったのだと思います。
20年継続して内モンゴルへ行き、緑化支援活動を続ける。いまとなってはそれは大きな業績となっていますが、継続することができたのは、現地、内モンゴルが魅力的だったからこその結果なのかもしれません。