内モンゴルとの絆

 
モンゴルの魅力ってなんでしょう?
 
モンゴルの魅力ってなんでしょう?
どこまでも続く大草原、走る馬、ゲル……。
さえぎるものがない広い空、流れる雲、大草原、そんななか、はるか彼方で草を食んでいる馬の姿をのんびり眺めるのはいいものです。
また、モンゴルの人たちの住居・ゲルに泊まり、夜、みんなで焚火を囲むのも忘れられない思い出になります。
そんな、日本にはない大自然に接することができるのは、モンゴルの魅力のひとつ。
でも、それだけではありません。内モンゴルは草原だけでなく、都市は、いまや車が走り、ビルが立ち並ぶ都会になっています。しかし、そこに暮らす人たちにどこか親しみを感じ、町を歩いていると、かつて日本も、こんなふうだったのではないだろうかと思える何かを感じることができます。
もちろん、モンゴルはもともと遊牧民族で、私たち日本は農耕民族で、根本的に違うものを持っているのですが、アジアの同じような顔立ちと素朴そうな人がらにどこか親しみを感じ、また、会いに来たいと思えるのです。
また、モンゴルの魅力を探しに出かけたいですね。