内モンゴルとの絆

 
モンゴルと馬
 
モンゴルと馬
先日、テレビを見ていると、世界で使われている言葉について話題にしていました。
日本語では、「米」を表現する言葉がいっぱいあります。「米」「稲」「ご飯」「めし」。
同様にモンゴル語では、「馬」を表現する言葉が、いっぱいあるとのこと。
馬の年齢、性別、毛色や模様などによって何百という言葉があるそうです。
調べてみると、馬を使った慣用句やことわざもたくさんありました。
「モンゴル人は馬上で育つ」「よい馬は道の友、よい妻は生涯の伴侶」「人はすべて同じではない、馬もすべて同じではない」などなど。
そういえば、モンゴルの音楽を演奏する際、馬頭琴も欠かせません。この楽器、モンゴル語では「モリンホール」と言い、「馬の楽器」という意味だそうです。
これらのことからも、モンゴルの人たちにとって、「馬」は特別な存在であることがわかります。