内モンゴルとの絆

 
金鋒博士との出会い
 
金鋒博士との出会い
内モンゴルを訪問しながら現地の商品を紹介、緑化支援活動も始じめ、私たちと内モンゴルとの関係が深くなっていきました。
そうして始まったのが金鋒博士とのお付き合いです。
はじめて金鋒博士にお会いしたのは、北京にある中国科学院の博士の研究室でした。
そのときはじめて、NS乳酸菌を扱っている日本の会社、NSバイオジャパンの方にもお会いしました。
お互いはじめての出会い、緊張した空気がはりつめていました。
私たちは、いままでの内モンゴルとの関係をお話ししました。商品を紹介するだけでなく、現地を訪ね、そこにいる方々と交流し、緑化支援を続けていることもお話ししました。
金鋒博士からはNS乳酸菌についてのお話しをコンピュータの画面を使いながら解説していただきました。
翌日、ホテルのロビーで、金鋒博士も、NSバイオジャパンの方も、笑顔で私たちを迎えていただき、「これから一緒にNS乳酸菌を広げていきましょう」と握手を交わしたのです。
私たちと内モンゴルとの絆はより深くなっていきました。