内モンゴルとの絆

 
金鋒博士のご家族
 
金鋒博士のご家族
金鋒博士のお父さまは、新聞社の記者として日本に滞在していたこともあり、内モンゴルに帰国したあとは、内モンゴルの学生が日本に留学するお手伝いをしていました。ご自身も東京大学に留学していた経験を持ち、金鋒博士は、日本に特別な思いを持たれているようです。
これらのことは、金鋒博士から直接お伺いしたお話しですが、その際、奥さまがどのような方なのか興味がありお伺いしたところ、奥さまも中国科学院心理研究所に務める学者とのことでした。本当は奥さまとの出会いやお人がらなどのお話しをお伺いしたかったのですが、そのとき、別のことに関心があって、そちらに話題はそれていってしまったのです。奥さまのお話しは、また別の機会にお伺いしてみましょう。