内モンゴルとの絆

 
酒づくりの施設でNS乳酸菌の培養
 
酒づくりの施設でNS乳酸菌の培養
秋田県横手市には、NS乳酸菌の製造会社、NSバイオジャパンの施設があります。
横手市は、冬、雪深く、「かまくら」をイメージする方が多いと思いますが、「発酵のまち」としても知られています。
国内有数の穀倉地帯、横手では、古くから酒造が盛んでした。
NSバイオジャパンの施設も、かつては酒造をおこなっていた建物。その施設を見学した金鋒博士は、微生物と共存する酒蔵の環境が、NS乳酸菌の培養に理想的であると絶賛。以来、酒づくりの施設を使いながら、改良、増築を重ね、NS乳酸菌の施設として生まれ変わりました。
ここには金鋒博士の研究生が常駐、また、金鋒博士も定期的に来日し、徹底した管理のもと、NS乳酸菌の培養や製品にするためのカプセル詰め作業などが行われています。