内モンゴルとの絆

 
ゲルとともに移動する生活
 
ゲルとともに移動する生活
遊牧しながら暮らすモンゴルの人たちは、季節ごとゲルとともに移動しながら一年を過ごしていました。
蛇腹式の骨組みと入り口の木組みで丸く囲み、そこに屋根をのせ、フェルトなどで覆います。
内モンゴルでは、定住化が進み、ゲルで暮らす人たちはとても少ないようですが、ゲルで宿泊体験ができるキャンプ場のようなものが各地にあり、私たちも宿泊したことがあります。
ゲル村ともいえる現在のそれらの施設には、クーラーもつき、とても快適だったのを覚えています。
移動しながら暮らすモンゴルの人たち。旅から戻るとき、自分の家族がどこにいるのか、どうやって探すのでしょう?
以前、モンゴルの人に聞いたら、「帰れなくなったらモンゴル人じゃない」と言われました。
ほかの方は「移動するけれども、季節ごと、だいたい同じ場所だからわかるものです」との答え。
ゲルのノマドライフ、できるものならやってみたいとも思います。