内モンゴルとの絆

 
バラエティ豊かになってきた食事
 
バラエティ豊かになってきた食事
モンゴルの料理といえば羊肉。
丸焼きやスペアリブを塩ゆでにしたものは、ツアーの際にも、よくいただきました。
毎回の食事でいただいていたと言ってもウソではないほど。
それなのに最近では、驚くことに、魚の刺身もいただくことができるようになりました。
ツアーに行くようになって20年。交通網が発展し、衛生管理が行き届き、中国社会の目覚ましい発展が料理の内容にも見ることができるということなのでしょう。
こうなってくると、冷えてないビールと羊肉独特のにおい、そして、お酒、パイチュウのにおいが懐かしくなります。…いや、パイチュウはなくなっていません!
それでも昔に比べるとクセがなくなっているような気がするのですが、それはおそらく、自分がパイチュウに慣れているからなのでしょう。