内モンゴルとの絆

 
モンゴルの人たちの家、ゲル
 
モンゴルの人たちの家、ゲル
昨今流行りのグランピングの影響もあるのでしょうか、栃木や山梨、岐阜など、各地にモンゴル式のゲルに泊まれるキャンプ場があるようです。
ゲルは、移動して生活していたモンゴルの人たちが暮らしていた家。中央に2本の支柱があり、その上に丸い枠を備えつけ、そこから放射状に木の支柱を並べます。壁になる部分は木を蛇腹式に組んでいて、そのまわりをフェルトなどで覆います。
夏、暑いときには、このフェルトの下の部分をまくりあげて風通しをよくするようです。
写真の左隅にあるのがかまどで、煙突は、支柱に備えつけられた丸い枠から外に出していました。
家畜とともに暮らしていたモンゴルの人たちは、このゲルとともに移動して暮らしていたそうです。
私たちが行った内モンゴルへのツアーでも、何回かゲルに泊まったことがありましたが、そこは観光宿泊用のゲルで、日本にもいくつかあるキャンプ場のような場所でした。内部には冷暖房の設備も整えられ快適そのもの。隣では中国の人たちが宴会をしていたこともありました。
いま、内モンゴルではゲルで暮らす人たちはほとんどいなくなってしまったようですが、モンゴルの文化を知ってもらうため、昔ながらのゲルを残し、当時の生活を見ることができる施設もあるようです。